beacon

負けを喜ぶ一部トッテナムファン…ポステコグルー監督「彼らは好きなように自分を表現していい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

トッテナムを率いるアンジェ・ポステコグルー監督

 トッテナムアンジェ・ポステコグルー監督が来季UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場の可能性が消滅したマンチェスター・シティ戦後、負けを喜ぶ一部のファンについて言及した。イギリス『BBC』が伝えている。

 トッテナムは14日のプレミアリーグ第34節延期分でシティと対戦。トップ4入りへ望みをつなぐために落とせない一戦だったが、ホームで0-2の完封負けを喫し、来季の欧州CL出場権を逃した。

 ポステコグルー監督は試合後、「土台が本当にもろい。この48時間がそれを教えてくれた」とクラブの基盤の脆弱さを指摘。「外も中も、どこもかしこもだ。面白い練習になったよ。私の観察に過ぎないがね」と自虐的に語った。

 また、試合に向けた準備段階で、宿敵アーセナルの優勝のチャンスを潰すため、シティに負けることを喜ぶ一部のトッテナムファンがいたことにも困惑したという。

 トッテナムはシティ戦で後半の立ち上がりに先制を許すと、ホームのサポーターから「アーセナルを見ているのか?」という声が上がった。

 スタジアムの雰囲気が選手たちに影響を与えたかどうか聞かれたポステコグルー監督は「もちろんそうだ。それが現実だ」と認めつつ、「私は人々の行動に口を出すことはできない。彼らは好きなように自分を表現していいんだ」と受け入れている。

 スタジアムでファンと口論する様子もカメラに捉えられたポステコグルー監督だが、「私はこのサッカークラブで成功したいんだ。だから、他の人がどう思おうが、何を優先しようが、私にはまったく興味がない。勝つチームを作るために何が重要かは分かっている。私が集中すべきはそこだ」と、周囲の雑音を気に留めていないことを強調した。

●プレミアリーグ2023-24特集
▶【CL準決勝】決勝に駒を進めるクラブは!?いよいよベスト4の戦いが始まる...CL・EL見るならWOWOWで!
ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

TOP