beacon

ペップが「またか!?」と思ったソン・フンミンの決定機…阻止したオルテガに賛辞「最高のGKの1人だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWソン・フンミンのシュートをGKシュテファン・オルテガがストップ

 決められていたら、最終節を違う順位で迎えていたかもしれない――。だからこそ、マンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラ監督はGKシュテファン・オルテガへの賛辞を惜しまなかった。英『スカイスポーツ』が伝えている。

 アーセナルとし烈な優勝争いを繰り広げるマンチェスター・C。14日には未消化分の第34節トッテナム戦が開催された。

 1-0とマンチェスター・Cがリードして迎えた後半17分にアクシデントが襲い、相手選手と接触したGKエデルソン・モラレスがプレー続行不可能と判断され、オルテガがピッチへと送り込まれた。

 すると、41分に絶体絶命の危機が訪れる。プレッシャーをかけられたDFマヌエル・アカンジが自陣でボールロストすると、一気に加速したFWソン・フンミンにこぼれ球を拾われてしまう。しかし、1対1を迎えたオルテガが距離を詰めると、右足から放たれたシュートを右足でストップして同点ゴールを許さなかった。

 危機をしのいだマンチェスター・Cは、アディショナルタイムにFWアーリング・ハーランドがダメ押しとなるPKを沈め、2-0の勝利。首位に浮上して最終節を迎えることとなった。

 もし、ソンに決定機を決められていれば、2位で最終節を迎えていた可能性があった。だからこそ、グアルディオラ監督もオルテガへの賛辞を惜しまない。

「彼が救ってくれなければ、アーセナルがチャンピオンだ。それが現実だ」

「ここ7、8年、ハリー・ケインと一緒に、何度ソンが我々に罰を与えたか知っているか? 私は『またか!?』と思ったよ。でも、シュテファンが信じられないようなセーブをした。1対1では、彼は私がこれまで見てきた中で最高のキーパーの1人だ」
ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

TOP