beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

完封勝利に貢献のGK川島「ゼロはGKにとっては気持ちが良い数字」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[9.11 W杯アジア最終予選 日本1-0イラク 埼玉]

 日本代表は11日、W杯アジア最終予選第4戦でイラク代表と対戦した。FW香川真司が腰痛で欠場した日本は前半25分、FW前田遼一のゴールで先制。追加点は奪えなかったが、守備陣が無失点に抑え、1-0で競り勝った。最終予選のホームゲームは3試合連続完封で3連勝。3勝1分の勝ち点10に伸ばし、ブラジルW杯出場に大きく前進した。

以下、試合直後のコメント

●GK川島永嗣(スタンダール・リエージュ)
「大事な一戦でしたし、難しい時間も多かったので、要所要所で自分の働きができてよかったと思う」

―DFラインも変わったが意識したところは?
「完璧に90分間できることは確実にないので、出てきたところで自分自身が集中力を高めて、しっかり仕事ができる、自分自身の仕事に集中できるようにということは意識していました」

―0で抑えての勝ち点3だが?
「ゼロはGKにとっては気持ちが良い数字なのでもちろん良かったですけど、味方がああいう形で点を取ってくれて、90分間身体を張ってくれたので。本当にみんなでいい結果を残せたのではないかなと思う」

―勝ち点3は大きな前進だと思うが?
「ホームでこれだけの声援のなかで試合をすることができて、またここからはアウェーの試合が続きますけど、日本の皆さんとともに戦っていきたいと思う」


▼関連リンク
ブラジルW杯アジア最終予選特集

TOP