beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[高校選抜候補たちのことば_3]作陽DF河面旺成「技術でも身体でも精神面でも素晴らしい選手に」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 全国の高校サッカー部員約15万人の代表として日本高校選抜チーム選考合宿に参加した26選手を対象に高校選手権の感想や高校選抜入りへの思い、2013年の目標などを綴ってもらった「高校選抜候補たちのことば」。第3回は高校選手権8強の作陽(岡山)DF河面旺成(3年)です。堅守・作陽の守備の柱として、また抜群のスピードを活かした攻撃参加、左足FKでのゴールも印象的だった河面選手にとっての高校選手権とは?

1.高校サッカー選手権を振り返って(個人、チーム)
「(良かった点は)まず自分のプレーでは、最終ラインから全体のバランスを取れたこと、フリーキックを決められたこと、タイミングを見て攻撃参加ができたことです。チームとしては、最後の最後まであきらめないという粘り強さを見せることができたこと、作陽らしいパスを回して試合を支配し、やっている側も観ている側にも楽しいサッカーができた。悪い点は全試合、失点してしまったことです」

2.日本高校選抜メンバー入りへ向けた意気込み
「自分の長所である部分を十分に発揮し、メンバーに入り、自分のサッカーの経験値を少しでも上げたい。合宿の印象は、周りの選手一人一人の能力が高く、一緒にプレーしていて楽しい。自分に足りない所も見えてきて、いい刺激になる」

3.2013年、自分の注目してほしいところ
「自信を持っているプレーは、守備の一対一の強さであったり、ロングボールの精度、カバーリングなど」

4.2013年の進路先チームの注目してほしいところと後輩へのメッセージ
「明治大学。今年は『奪冠』という目標を掲げているので、そこを注目してほしい。後輩には、全国の舞台を経験している人が多いので、その経験を生かして、自分たちのベスト8という記録を超えてほしい」

5.目標とする選手と将来の目標
「将来の目標は、プロサッカー選手になり、海外でも通用するような、技術でも身体でも精神面でも素晴らしい選手になりたいです。目標としている選手は、バルセロナのジェラール・ピケ選手。(理由は)ビルドアップ能力や一対一の強さなど」

※協力:日本高校選抜チーム。

(構成 吉田太郎)

【特設】高校選手権2012

TOP