beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

呉屋2発!関西学院大が5発快勝:関西1部前期第1節

このエントリーをはてなブックマークに追加
第91回関西学生サッカーリーグ1部


 第91回関西学生サッカーリーグ1部は7日、第1節第2日の4試合を行った。

 昨年3位の桃山学院大は大阪産業大と対戦。0-0の後半8分に大産大MF根本雄貴(2年=大阪桐蔭高)のゴールで先制されたが、後半31分にDF渡邊敬也(3年=湘南ユース)のシュートのこぼれ球を交代出場のFW寺田舜司(3年=C大阪U-18)が決めて1-1で引き分けた。

 京都産業大と対戦した関西学院大は、前半7分にMF小幡元輝(3年=名古屋U18)のアシストからFW呉屋大翔(2年=流通経済大柏高)が先制ゴール。19分にもオウンゴールで加点した関学大は後半にも呉屋のこの日2点目のゴールなど3点を加えて5-0で快勝した。

 大阪学院大はびわこ成蹊スポーツ大と対戦。0-0の後半17分にMF山本大稀(4年=米子北高)の左クロスからFW澤上竜二(2年=飛龍高)が先制ヘッドを決めると、24分にも澤上が頭で加点するなど3-0で勝った。

 大阪学院大対立命館大戦は1-1の後半25分に立命大FW前岡信吾(3年=F東京U-18)が勝ち越しゴール。だが大院大は後半45分にFW神田圭介(4年=鹿島ユース)が同点ゴールを決めて2-2の引き分けに持ち込んでいる。

 6日には第1節2試合が行われた。連覇を狙う阪南大は昇格組の関西国際大にシュート16本を浴びせて8-0で大勝した。前半9分に1年生DF康翔貴(大阪朝鮮高)のヘディングシュートで先制した阪南大は、30分にもFW工藤光輝(4年=札幌U-18)のPKで加点。後半には全日本大学選抜FW泉澤仁(3年=新潟ユース)の2ゴールなど6点を加えて会心のスタートを切った。

 昨年2位の関西大と神戸国際大との一戦は、0-0の後半34分に右サイドのDF内田恭兵(3年=磐田ユース)からのラストパスをFW篠原宏仁(2年=柏U-18)が決めて関大が1-0で勝利した。

【前期第1節】(4月6日)
[J-GREEN堺・メインフィールド]
阪南大8-0関西国際大
[阪]康翔貴(9分=補・泉澤仁&工藤光輝)、工藤光輝2(30分=PK、75分)、泉澤仁2(51分=PK、63分=補・八久保颯)、窪田良(77分=補・外山凌)、河田篤秀(90分=補・永井鷹也)

関西大1-0神戸国際大
[関]篠原宏仁(79分=補・内田恭兵)

(4月7日)
[大阪長居スタジアム]
関西学院大5-0京都産業大
[関]呉屋大翔2(7分=補・小幡元輝、81分=補・福森直也&関皓平)、オウンゴール(19分)、小林成豪(68分)、関皓平(69分=補・泉宗太郎)

桃山学院大1-1大阪産業大
[桃]寺田舜司(75分=補・渡邊敬也)
[大]根本雄貴(53分=補・森脇大介)

[J-GREEN堺・メインフィールド]
大阪学院大2-2立命館大
[大]脇裕基(33分=補・望月聖矢)、神田圭介(90分)
[立]中谷喜代志(58分=補・戸高弘貴)、前岡信吾(70分)

びわこ成蹊スポーツ大0-3大阪体育大
[大]澤上竜二2(62分=補・山本大稀、69分=補・安田圭佑)、伊佐耕平(90分)

※日程は3月連盟発表、変更あり
▼関連リンク
第91回関西学生サッカーリーグ特集ページ

TOP