beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグEAST]札幌U-18は黒星発進もU-18代表候補CB内山「これから戦っていける」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[4.7 プレミアリーグEAST第1節 流通経済大柏高1-0札幌U-18 流通経済大柏高G]

「これから戦っていけるなと思いました。これからもっともっとレベルアップする。やろうとしているサッカーは全然通用するなと思いました」。流通経済大柏高に0-1で敗れて黒星発進となったコンサドーレ札幌U-18(北海道)だったが、主将のU-18日本代表候補CB内山裕貴(3年)は手応えを口にしていた。今年はU-18日本代表候補MF前寛之やU-18Jリーグ選抜FW國分将(ともに3年)らが最終学年となったが、大会開幕まで1か月後を切った3月中旬の時点でも思うようなサッカーをすることができなかったという。この日は四方田修平監督が「流経の守備が堅いので突破のところが終始、上手く行かなかったですね」と振り返ったように、攻撃面では最後まで相手の堅い守りを突破することができなかった。それでも後半はボールを支配する時間を伸ばし、ラストパスの前まではしっかりと攻撃をつくって守備面でもPKの1失点のみで粘り強く戦いきった。

 今年のJ2開幕戦で先発デビューしたMF神田夢実やU-18日本代表候補のMF深井一希ら昨年のチームから6人がトップチームへ昇格した。昨年は北海道勢としてすべてのカテゴリーにおいて初となる全国タイトルを獲得し、一昨年は最終節の大逆転でプレミアリーグEAST初代王者。2年続けてビッグタイトルを獲得しているだけに今年も、という期待は高まっている。3月の時点では自分たちの力への不安もあった。それがこの開幕戦では「連係の部分とまだまだやっていかなければいけない」(内山)というものの、ハイレベルなサッカーを展開。抜群のキャプテンシーと的確なカバーリングが印象的だった内山は「主力の選手たちが抜けて、周りからはレベルが落ちたとかいろいろな声があったので正直不安な部分も結構あった。3月中旬までの合宿もなかなか上手く行くことがなくて、大丈夫かなと思っていたんですけど、きょうやってみて、そんな悲観することはないかなと思いました」と力を込めた。

 もちろん、課題はまだまだある。指揮官は「90分を通しては粘り強く、ひとつになって戦えたと思うんですけど、もう少し守備の所でも自分たちからハメて、もっともっとプレッシャーをかけて制限したかった。どっちかというと、きょうは何とか粘って対応してはいたけれど、もっと圧力をかけてというか、追い込んで局面で数的優位をつくって奪っていけるようにしたい。また、攻撃のところで相手が前から来たときは裏でもっとタイミング合わせたり、工夫していかなければいけないし、逆にある程度中盤つくれるようになって相手に引かれっちゃった時は最後の突破のところをレベルアップしていかなければいけない」と指摘する。課題を全員で修正して、目標を達成する。内山は「狙うは3冠というのが最初にある。きょう負けてしまったんですけど、焦らずじっくりとやっていくことが大事」。一歩一歩前進し、この日敗れた流経大柏にも夏のホームゲームで必ずリベンジする。

[写真]札幌U-18の内山(右)は相手のカウンターに的確に対応

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
2013プレミアリーグEAST

TOP