beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ポポ監督も絶賛のFW渡邉「試合に出る喜び、幸せを感じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[4.27 J1第8節 F東京2-0川崎F 味スタ]

 FC東京におけるFWのポジション争いは、熾烈を極めている。この試合でも、FW李忠成、FW平山相太という、かつて日本代表にも名を連ねていた明確な武器のある選手たちがベンチに控えていた。そんな中で、ランコ・ポポヴィッチ監督はFW渡邉千真をファーストチョイスで起用し続けている。その理由について指揮官は「千真は自信を取り戻し、そして、チームのためにプレーする方法を学んだ」と言う。

「昨年までの千真は、単純な選手でした。ボールをスペースに運び、強さを見せる場面もあった。でも、それはあくまで個のプレーだった。でも、今日の千真について、誰もが『良かった』という評価ではなく、『とても良かった』と評価していると確信しています。彼はチームのためにプレーした。得点はしなかったかもしれない。でも、ハードワークは驚異的だった。千真のプレスから、うちは何本ボールを取れていた? 彼が直接奪った回数は多くないかもしれない。でも、彼のプレッシングが、チームにボールを奪える状況をつくり出しているんだ。それこそ、私が千真に求めていること。一つのシンプルなプレーをするのではなく、バリエーションを持ってプレーしてほしい。ボールをキープし、パスを出して、ボールを奪いに行く。本当に今の彼には、満足しているよ」

 守備面での高い貢献度をポポヴィッチ監督は挙げたが、攻撃面での活躍も見落とせない。F東京が挙げた2得点のパスワークに、渡邉は絡んでいる。東慶悟が決めた2点目の場面では、ドリブルからMF長谷川アーリアジャスールにパスを出した後、ゴール前までしっかりと走り込み、パスを要求していた。東も「右サイドに千真くんがいるのは、見えていました」と明かしたが、この場面では自らGK西部の股間を抜くシュートを決めた。

 この局面について渡邉は、「ゴールを取るためには、常に良いポジションを取らないといけませんし、『ゴール前に入って行け』と監督にも言われているので、そういうところも意識しています」と言う。今季、ここまでチーム最多の5得点を挙げられている要因の一つに、この意識の高さがあるだろう。

 レギュラーに定着できている要因について、渡邉自身は「昨年の一年間の積み上げが、今年につながっていると思います」と語る。また、昨季は試合に出られないこともあり、コンディション調整に苦心していた。それでも今季はコンスタントに出ていることにより、良い状態を維持できていると認める。「今年は頭から試合に出させてもらっているので、練習から良い準備もできています。試合に出る喜びとか、幸せを感じながらやれています」と、笑顔を見せた。

 この日の勝利でF東京は、4勝4敗と星を五分に戻した。「この前まで4連敗していて、前節ようやく連敗を止めることができ、今日もまたしっかり自分たちの力を出して勝つことができました。これから巻き返して、上に追い付けるように1試合1試合、頑張っていきたいと思います。個人的には今年、最低でも2桁ゴールを取りたいと思っていましたが、1試合1試合、1点1点の積み重ねだと思うので、まずは次の6点目を目指して頑張ります」。チームのために最前線でハードワークを続けたストライカーは、チームのためにゴールを目指し続ける。

(取材・文 河合拓)

TOP