beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグWEST]広島ユースがG大阪ユースとの首位攻防戦制す!:第6節

このエントリーをはてなブックマークに追加
高円宮杯U-18サッカーリーグ2013 プレミアリーグWEST

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2013 プレミアリーグWESTは12日、第6節2日目の4試合を行い、首位・サンフレッチェ広島ユース(広島)対2位・ガンバ大阪ユース(大阪)戦は広島が2-0で勝ち、首位を守った。0-0の後半10分、FW諸岡佑輔のゴールで先制した広島は、22分にもU-18日本代表候補FW越智大和が得点ランキング首位に立つ今季7点目のゴールを決めて勝利を引き寄せた。

 名古屋グランパスU18(愛知)が3位につけている。東福岡高(福岡)と対戦した名古屋は1-1の後半13分、FW北川柊斗のゴールで勝ち越すと、15分にもMF金来遠が加点して3-1と突き放す。退場者を出して10人で戦う東福岡はFW中島賢星とFW木戸皓貴のゴールで同点に追いついたが、名古屋は42分にU-16日本代表FW杉森考起が決勝ゴールを決めて4-3で撃ち勝っている。

 ヴィッセル神戸U-18(兵庫)対京都サンガF.C.U-18(京都)戦は1点ビハインドの京都が後半15分にMF永島悠史のゴールで同点に追いつく。だが神戸は後半38分、10番FW表原玄太の決勝ゴールによって3-2で競り勝った。

 富山一高(富山)はアウェーで大津高(熊本)に2-0で勝った。富山一は前半12分、MF大塚翔のゴールによって富山一が先制。富山一は26分にもMF高浪奨が加点して2勝目を挙げた。

 11日には、第6節1日目のアビスパ福岡U-18(福岡)対セレッソ大阪U-18(大阪)戦を行い、C大阪が2-1で勝った。前半17分にMF高田和弥のゴールで先制したC大阪に対し、福岡は39分にMF関恭範が同点ゴール。だが、C大阪は後半7分にFW阪本将基が決勝ゴールを決めて連敗を3でストップした。

【プレミアリーグWEST第6節】
(5月11日)
[雁の巣レクレーションセンター球技場]
福岡U-18 1-2 C大阪U-18
[福]関恭範(39分)
[C]高田和弥(17分)、阪本将基(52分)

(5月12日)
[トヨタスポーツセンター]
名古屋U18 4-3 東福岡高
[名]金来遠2(28、60分)、北川柊斗(58分)、杉森考起(87分)
[東]木戸皓貴2(33、79分)、中島賢星(75分)

[ガンバ大阪練習場]
G大阪ユース 0-2 広島ユース
[広]諸岡佑輔(55分)、越智大和(67分)

[いぶきの森球技場]
神戸U-18 3-2 京都U-18
[神]加古晴也(31分)、米澤令衣(55分)、表原玄太(83分)
[京]瀬戸口大智(16分)、永島悠史(60分)

[サッカーフィールド asovigo(アソビーゴ)
]

大津高 0-2 富山一高
[富]大塚翔(57分)、高浪奨(71分)

※日程は3月発表、変更あり
▼関連リンク
2013プレミアリーグWEST

TOP