beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[総体]女子準々決勝を日ノ本学園、大商学園、村田女子、作陽が突破

このエントリーをはてなブックマークに追加
平成25年度全国高校総体
「2013 未来をつなぐ 北部九州総体」サッカー競技女子


 平成25年度全国高校総体「2013 未来をつなぐ 北部九州総体」サッカー競技女子は6日、準々決勝を行い、4強が決まった。昨年決勝と同カードとなった常盤木学園(宮城)戦をPK戦の末に制した日ノ本学園(兵庫)、大商学園(大阪)、村田女子(東京)、作陽(岡山)が準決勝進出。大会初日が雷雨の影響で順延となったため、7日に行われる準決勝(大商学園vs村田女子、作陽vs日ノ本学園)の勝者2校が優勝扱いとなる。

【準々決勝】
[ベストアメニティスタジアム]
大商学園 7-0 三重
[大]鎌田知夏2(35分+2、60分)、田中江梨奈3(38、42、65分)、大井美波(46分)、松原有沙(56分)

日ノ本学園 0-0(PK4-2)常盤木学園

[佐賀県総合運動場 陸上競技場]
鳴門渦潮 0-4 村田女子
[村]渡邊萌(3分)、作間琴莉(35分+1)、田中萌(44分)、川崎芽生(50分)

作陽 3-0 鎮西学院
[作]オウンゴール(31分)、三谷沙也加(58分=PK)、青木美緒(62分)


▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2013

TOP