beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マドリー、いよいよベイル獲得か

このエントリーをはてなブックマークに追加

トッテナムと大筋合意?

 レアル・マドリーは、トッテナムMFガレス・ベイルの獲得にいよいよ近づいているようだ。

 マドリーは今夏の補強をベイル一本に絞っている。しかし、トッテナムのダニエル・レビ会長が放出を拒み、破格の移籍金を要求していることで、交渉は難航していると見られていた。

 だが、スペイン『カデナ・コペ』や『マルカ』によると、マドリーはベイルの移籍でトッテナムと大筋でクラブ間合意に至った模様だ。マドリーは移籍金として9900万ユーロ以上が支払うとみられており、サンチャゴ・ベルナベウ杯の行われる翌日、23日にも公式発表がある可能性が報じられている。

 トッテナムは今夏、バレンシアからFWロベルト・ソルダードを獲得した。さらにアンジ・マハチカラMFウィリアン、ローマMFエリック・ラメラの獲得に迫っていることで、ベイル売却に傾いたと伝えられている。

▼関連リンク
リーガ・エスパニョーラ2013-14特集
プレミアリーグ2013-14特集ページ
2013-14シーズン欧州移籍情報
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP