beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大量10ゴールの鳥栖が佐賀大に格の違いを見せつける

このエントリーをはてなブックマークに追加
[9.8 天皇杯2回戦 鳥栖10-0佐賀大 ベアスタ]

 サガン鳥栖は前半2分にFW野田隆之介が先制点を挙げると、その後も佐賀大を圧倒する。前半だけで6-0と格の違いを見せると、後半も攻め続けて4得点を記録。10-0という記録的なスコアで3回戦進出を決めた。

 力の差は歴然だった。FW豊田陽平に代わってスタメンに名を連ねた野田のゴールで2分に先制した鳥栖は、同11分にも最終ラインの裏を取ったMF岡田翔平が追加点をマーク。その後も24分にDF金井貢史、25分に岡田の2点目、28分にDF呂成海、37分に野田の2点目と前半だけで大量6ゴールを挙げた。

 ハーフタイムを前に、佐賀大の神力亮太監督は「開き直って後半1点を取りに行きたい」と話したが、後半の立ち上がり3分にも鳥栖のFW池田圭に追加点を決められてしまう。

 余裕のある鳥栖は、後半途中から3バックをテスト。危ない場面もつくられたが、無失点に抑えると後半から出場しているMF清武功暉も後半19分、同22分と立て続けにゴールを決める。攻撃の手を緩めない鳥栖は、後半36分にもFW播戸竜二が移籍後初ゴールを決めて、この試合10点目を記録した。

 90回天皇杯2回戦でも熊本学園高から10点を挙げていた鳥栖は、クラブのタイ記録となるゴールラッシュを見せて、3回戦に進出。3回戦ではJ2の松本と対戦する。

▼関連リンク
第93回天皇杯特設ページ
天皇杯2回戦3日目LIVE速報

TOP