beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

Jリーグ2013 ベストイレブン各選手のコメント

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Jリーグは3日、横浜アリーナで「2012 Jリーグアウォーズ」を開催した。ベストイレブンに選出された選手たちが、コメントを発表している。ベストイレブンにはGK西川周作(広島)、DF那須大亮(浦和)、DF森重真人(F東京)、DF中澤佑二(横浜FM)、MF中村俊輔(横浜FM)、MF山口螢(C大阪)、MF柿谷曜一朗(C大阪)、MF青山敏弘(広島)、FW大迫勇也(鹿島)、FW大久保嘉人(川崎F)、FW川又堅碁(新潟)が選ばれた。

以下、ベストイレブン各選手のコメント
<ベストイレブン>
●GK西川周作(広島)2
「昨年は最少失点を目標を掲げながらできなかったので、今年は最少失点でリーグ戦を終えることができ、チームも優勝することができ、そしてこのベストイレブンという素晴らしい賞を受賞できたことはうれしく思います。天皇杯も元旦国立を狙って頑張りたいと思いますので、後押しをお願いします」

●DF那須大亮(浦和)初
「この賞をいただけたことはうれしいのですが、チームメイトみんなでこの舞台に、来年はこれたらと思います。来年は、みんな一丸となってタイトルを獲れるように頑張りましょう」

●DF森重真人(F東京)初
「いろんな方々に感謝して、この賞を頂きたいと思います。1年間、本当にありがとうございました。元旦まで行きたいので、全員で戦って元旦まで行きましょう」

●DF中澤佑二(横浜FM)6
「格別…ではないかな。途中まで1位だったんですけどね。2位になってしまったので、格別ではないですが、この場に俊と2人でいられるので。来年はハードな日程になるので、Jリーグさんに日程を考慮していただいて、マリノスは来年も頑張っていきたいと思います」

●MF中村俊輔(横浜FM)3
「最後ちょっと残念でしたけど、こういう賞をいただけるのは、いろんな人の支えがあってだと思うので。チームメイトをはじめ、いろんな人に感謝したいです。サポーターの大きな声援で何度も助けられた試合がありました。引き続き、来年もACLがあり、忙しい、厳しい日程ですけれど、一緒に戦えたらと思います」

●MF山口螢(C大阪)初
「素直にうれしいですし、この賞をもらうにあたって、僕のことを支えてくれたすべての人に感謝したいと思います。父に一番に、この賞を捧げたいと思います。今年1年応援ありがとうございました。来年もたくさん応援してください」

●MF柿谷曜一朗 (C大阪)初
「(今日の受賞は)3つ目ですね。本当にチームメイトに感謝して、そして僕を1年間支えてくれたサポーターすべてのみんなに感謝したいです。今年、自力でのACL出場権獲得は無理でしたけど、マリノスさん、フロンターレさん、広島さんに頑張ってもらって。リーグ4位で出場の可能性があるので。それを信じて、僕らは1月1日、応援します」

●MF青山敏弘(広島)2
「うれしいです。チームメイトに感謝したいのと、自分がこの場に立てているのは、僕を育ててくれたペトロヴィッチ監督に感謝したいです。ミシャ、ダンクシェン(ありがとう)。また、こうしてみんなで、ここで優勝を祝えてよかったです。また来年も、一緒にここに来ましょう」

●FW大迫勇也(鹿島)初
「本当にうれしいですし、鹿島アントラーズのチームメイトのみんな、監督、スタッフに本当に感謝したいです。(サポーターには)1年間、本当に熱い応援をしていただいたのですが、結果が伴わなくて、申し訳なかったという1年でした。本当に優勝争いをしないといけないチームにいると思っているので、来年こそはと思っています」

●FW大久保嘉人(川崎F)初
「(ベストイレブンは確信していた?)全然、なかったです。最後までやっぱり日本人の選手が(得点王争いの)上位に名を連ねていたので、それが刺激になっていましたし、それが一番よかったと思います。来年はACLの出場権が取れたので、過密日程になると思いますが、チーム一丸となって頑張りたいと思いますので、熱い応援よろしくお願いいたします」

●FW川又堅碁(新潟)初
「本当にうれしいです。いままで関わってきた人たちに、感謝の気持ちを持ちたいと思います。(今年大活躍の要因は?)わからないです(笑)。昨年、岡山に移籍させてもらって、得点感覚を戻してもらって、J1のピッチでその形を出せたのが良かったです。(来季は)チームも、個人も今年よりもっと良い結果を出せるように努力していきたいと思います」

(取材・文 河合拓)



TOP