beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

負傷の内田を心配する細貝「早く治ってほしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2.16 ブンデスリーガ第21節 ヘルタ・ベルリン1-2ボルフスブルク]

 ブンデスリーガは16日、第21節3日目を行い、MF細貝萌の所属するヘルタ・ベルリンはホームでボルフスブルクと対戦し、1-2で逆転負けした。フル出場した細貝は「勝ち点を取れなかったことは非常に残念」と、後半戦3敗目に唇をかんだ。

 前半21分に先制しながら後半13分にCKから追いつかれると、同33分には豪快なミドルシュートを叩き込まれた。「1点先に取ってからは、あまり前に出ずにCBの前に残るということをもともと言われていた」。先制後は守備に重点を置いてプレーしていたが、ボルフスブルクの反撃を抑え切れず、「どうにかチーム全体を締めて、ショートカウンターや奪ってからの速い攻めで、と思っていた。辛抱すればチャンスが来るのかなと思っていたけど、セットプレー一発でやられてしまった」と悔やんだ。

 今月9日のハノーファー戦で右太腿裏を肉離れしたシャルケのDF内田篤人と「ケガをしてしまった日の夜に連絡を取った」と明かした細貝。そのときは「検査をしてないので分からないと言っていた」というが、その後、日本に帰国した内田は精密検査を受け、手術を回避することが決まった。最悪のケースは免れた日本代表のチームメイトに対し、「もちろん早く治ってほしいと思っている」と心配していた。


▼関連リンク
欧州組完全ガイド
ブンデスリーガ2013-14特集

TOP