beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東大会予選]「みんな市船、流経に勝つ気しかない」柏日体がまずは関東予選連覇へ8強進出:千葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

[4.29 関東大会千葉県予選2回戦 柏日体高 1-0 専修大松戸高 柏日体高G]

 平成26年度関東高校サッカー大会千葉県予選は29日、2回戦を行い、8強が決定した。2連覇を狙う柏日体高専修大松戸高と対戦し、FW藤岡優也(2年)の決勝ゴールによって1-0で勝利。国分高と戦う準々決勝へ進出した。

 今年こそ、自分たちが「主役」になる。柏日体の現3年生は昨年、柏市内大会でプレミアリーグ王者の流通経済大柏高の同世代選手たちと対戦し、1-1からのPK戦の末に4-3で勝利。右MF中澤航平主将(3年)は「(現在全国的に注目されている)小川(諒也)クンや相澤(祥太)クンは本当に上手かった」と苦笑いしつつも「風も強かったとけれど、前からどんどんプレス行くという感じで、相手にもあまりボールを回させなかったと思う。PK戦で勝ったんで、そこで一気に自信がついた。今のままじゃなかなか勝てないと思いますけれど、時間が経つにつれて、自分たち次第でまだまだレベルアップできる」と語る。ターゲットは同じ柏市内の名門・流経大柏であり、昨年の全国高校総体覇者・市立船橋高。FW吉田朋生(3年)が「みんな市船、流経には勝つ気しかない。負ける気は絶対にないです! チームとしての目標はまず全国。(選手権では)まだ一回も行ったことがないでのそういう世代になりたいです」と説明するように、高い志を持つチームはこの日の後半、専大松戸の厳しいプレッシャーに苦しみながらも白星は渡さなかった。

 立ち上がりからボールを握る柏日体は最終ラインから丁寧に攻撃を組み立ていく。前半は中盤、DFラインの選手たちにも相手のプレッシャーを落ち着いて剥がす余裕があり、司令塔のMF浜田将司(3年)が左右両足のキックで両サイドへボールを振り分けていく。7分には藤岡からのパスを受けた浜田が右足シュート。また長身FW藤岡が前線でボールを収め、サイドの深い位置からは前への推進力のある吉田朋や中澤が縦に仕掛けるなど相手にプレッシャーをかけていった。

 そして24分に先制点を奪う。後方からのFKをゴール正面右寄り、PAへ入ったところの位置で合わせた藤岡が、距離のあるヘディングシュートを逆サイドのゴールネットへ流し込む。熊本県から単身千葉で挑戦する2年生FWの技ありヘッド。開幕4連勝中の千葉県2部リーグでも頭でゴールを連発しているという期待の2年生ストライカーの得点によって、柏日体がリードを奪った。

 一方の専大松戸もボールを奪うと、MF武田滉介(2年)やMF日暮千敬(3年)中心にグラウンダーのショートパスをテンポよく回して対抗。左足キックを駆使するCB森長隆真主将(3年)のフィードや日暮のサイドチェンジも交えつつ、アタッキングサードではダイレクトのパスで次々とチャレンジしていくなど地上戦での打開を狙った。

 後半は開始から3人を入れ替えた専大松戸が主導権を握る。片野慶輝監督が「これまでは相手に引かれる試合が多かった。相手に前から来られて落ち着けなくなってしまった」という柏日体は、相手に距離を詰められて足に当ててしまうシーンが続発。専大松戸は6分に交代出場のMF大島聡晃(3年)、9分にはFW木村成圭(3年)がPAで相手のキックをチャージし、会場を沸かせる。そして10分にはFW杉本武司(3年)のスルーパスから木村が1対1となったGKの脇を抜くシュート。ただこれがゴール右へ外れると、11分にも木村のラストパスから大島が決定機を迎えながらも、GK金光聖(3年)のビッグセーブに阻まれて得点することができない。

 素早い攻守の切り替えから反撃する専大松戸は、時間が経過するにつれてその攻撃の勢いを増していった。ただ、柏日体はPAまで押し込まれる回数が増えたものの、吉田朋が馬力十分のドリブルで何度も敵陣の深い位置まで押し返す。これによって専大松戸はいい形での守備から攻撃へ移行できなくなった。また柏日体は片野監督が「ディフェンスのできる選手を入れて対応した」というように守備へ意識を傾けたこともあり、その後試合をコントロール。吉田朋が決定機を逸するなど2点目を奪うことはできなかったが、右MFから右SBへポジションを変更した中澤や長谷川大輔(3年)と常田航平(2年)の両CBらを中心に得点を許さず、1-0で勝利した。

 柏日体が過去に全国大会へ出場したのは86年の全国高校総体一度だけ。関東大会予選を制した昨年も高校総体予選では流経大柏に0-3で屈し、選手権予選も8強で敗退した。ただ、激戦区・千葉に風穴を開ける目標を持っていたり、5年前にできたという人工芝グラウンドでトレーニングすることへの憧れを持った選手、姉妹校である日本体育大への進学を目指す選手など200人もの部員が高い意識で日々のトレーニングに取り組み、着実に成長を遂げている。今大会はプレミアリーグ参戦中の流経大柏、市立船橋は不参加。ターゲットの2校が不在の大会で負けるわけにはいかない。抜群の突破力を持つMF吉田修二(3年)ら怪我で不在の主力もいるが、中澤は「全国出て勝ち進んで、一番上を目指している。千葉県では負けられないですね」。まだまだ後半立ち上がりの悪い試合が多く、危ないシーンをつくられた守備面、決定力など課題はある。課題を突き詰めて上へ。今回の関東大会予選では絶対に連覇を果たし、総体、選手権で千葉制覇、日本一に挑戦する。

[写真]前半24分、柏日体はFW藤岡が先制ゴール

(取材・文 吉田太郎)

TOP