beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ブラジルがPK戦の末にチリを撃破! 6大会連続の8強進出!

このエントリーをはてなブックマークに追加

[6.28 ブラジルW杯決勝T1回戦 ブラジル1-1(PK3-2)チリ ベロオリゾンテ]

 ブラジルW杯は28日、決勝トーナメント1回戦を行い、ブラジル代表チリ代表が対戦した。前半18分にCKから先制したブラジルだが、同32分には同点に追いつかれる。その後FWフッキがゴールネットを揺らす場面もあったが、ハンドでゴールは認められず。試合は1-1のまま延長に突入したが、そこでも決着はつかずにPK戦へ突入する。2人ずつが決めて迎えた5人目、ブラジルはFWネイマールが確実にゴールネットを揺らしたのに対し、チリはDFゴンサロ・ハラが失敗。PK戦を3-2で制したブラジルが6大会連続のベスト8進出を決めた。

 98年大会、さらに前回大会でも決勝トーナメント1回戦で激突している両チーム。この試合で先制点を挙げたのは、3度目の勝利を狙うブラジルだった。前半18分、FWネイマールのCKから、DFチアゴ・シウバが後方にスラしたボールをDFダビド・ルイスが相手DFと競り合いながら太腿でボールをゴールに押し込み、ブラジルが先制点を挙げた。

 それまで、ほとんど好機のなかったチリも前半32分、ブラジルのミスを見逃さない。自陣深くでスローインを受けたFWフッキがDFマルセロにバックパスを出した。このボールを狙っていたMFエドゥアルド・バルガスがカットし、中央のFWアレクシス・サンチェスにつなぐ。PA内でボールを受けたサンチェスが右足でシュートを放つと、ボールはGKジュリオ・セーザルの手の先を抜けてゴールに決まった。

 ブラジルも36分、右サイドで細かくパスをつなぎ崩すと、MFオスカルの上げたクロスに、ネイマールが飛び込む。しかしヘディングシュートは右に外れ、得点にはならない。同39分にも後方からのロングボールをPA内で受けたネイマールが、絶妙なトラップからドリブルを仕掛ける。DFに厳しく当たられると、こぼれ球にフレッジが詰めて左足でシュートしたが、枠を捉えることができなかった。

 前半終了間際にも両チームはゴールに迫る。42分にはPA外からDFダニエウ・アウベスが鋭いシュートを枠に飛ばしたが、GKクラウディオ・ブラボの好セーブに阻まれた。同45分にはネイマールの折り返しをフレッジがヘディングで合わせたが、ミートできない。チリもアディショナルタイムにビダルが高い位置でボールを奪い、PA内までボールを運んだが、懸命に戻ったブラジルDF陣に止められる。結局1-1で前半を終了した。

 後半も激しい攻防が続く中で、後半10分にはPA内でロングボールを受けたフッキが左足でシュートを決める。しかし、トラップした際に手を使ったとされ、フッキにはイエローカードを提示され、ゴールも認められなかった。

 ブラジルは後半19分にフレッジを下げて、FWジョーを起用する。その直後にチリはMFマウリシオ・イスラがビダルとのワンツーから好機を作り、最後はMFチャルレス・アランギスが決定的なシュートを放ったが、GKジュリオ・セーザルが反応して得点を与えなかった。主導権を握れないブラジルは、MFフェルナンジーニョを下げて、MFラミレスをピッチに送り出した。同29分には左サイドからフッキがクロスを放り込むが、中央に走り込んでいたジョーは合わせることができない。

 攻撃が噛み合わないブラジルだが、後半36分にはロングボールを受けたネイマールがヘッドでゴールを狙ったが、GKブラボにキャッチされる。同38分にはフッキがドリブルでDF3枚をかわして、PA内で右足からシュートを放ったが、GKブラボが防いだ。

 チリも43分にビダルをベンチに下げ、FWマウリシオ・ピニージャを送り出す。アディショナルタイムには大ブーイングの中、チリがブラジルに圧力を掛ける。しかし、得点は決まらずに延長戦に突入する。

 延長に入りボールを保持するブラジルは、10分にDFマルセロからのパスをPA内で受けたジョーがフィニッシュに持ち込むが、体を張ったチリDFにブロックされる。同11分にはフッキが右サイドを縦に突破し、右足でクロス。ファーポスト前に位置していたオスカルがヘッドでゴールを狙ったが、GKブラボにキャッチされた。13分にもフッキはPA外でDFをかわして、左足で強烈なシュートを放ったが、これもGKブラボに抑えられた。

 延長後半開始と同時に、ブラジルはオスカルを下げてMFウィリアンを最後の交代枠で投入した。チリもケガを抱えながらプレーし、延長後半開始のピンチを凌いだDFガリー・メデルがケガでプレー続行不可能となり、DFホセ・ロハスと交代になり、交代枠を使い切る。消耗の激しい両チームの中でブラジルは懸命に攻めるが、チリも最後の場面で体を張って決定機をつくらせない。

 延長後半15分にはチリも最後の攻撃を見せる。サンチェスのパスを受けたピニージャが右足を振り抜いたが、シュートはクロスバーを叩いた。ブラジルもラミレスがPA外からグラウンダーのシュートでゴールを狙ったが、わずかに左へ外れて行った。結局、1-1のまま120分を終えても決着はつかずに、PK戦へもつれ込んだ。

 先攻のブラジル、最初のキッカーはダビド・ルイス。ゴール左に決めて、ブラジルがリード。チリの一人目はピニージャ。正面に蹴ったシュートは、GKジュリオ・セーザルに止められる。ブラジルの2人目は、ウィリアン。GKの逆を突いたものの、枠の左に外してしまう。チリは2人目のアレクシス・サンチェスが左に蹴ったシュートも、ジュリオ・セーザルがストップ。ブラジル3番手のマルセロのシュートは、GKに触れるも、ゴールに入り、ブラジルがリードを広げた。チリの3人目、アランギスはゴール右上にシュートを突き刺し、1点を返す。ブラジル4人目のキッカーはフッキ。正面に蹴ったシュートは、GKブラボが足でストップ。チリはディアスが4人目のキッカーを務め、ゴール中央に蹴り込み2-2の振り出しに戻す。ブラジルは5人目のキッカーにネイマールが登場。左にしっかりと決めた。チリの5人目はゴンサロ・ハラ。右ポストに当たったシュートは外れ、ブラジルが辛くもベスト8進出を決めた。

★大会日程やTV放送、最新情報をチェック!!
2014W杯ブラジル大会特設ページ
★全64試合の公式ダイジェスト動画を配信!!
2014W杯ブラジル大会動画ページ



TOP