beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Fリーグ]第2節 北海道vs浦安 試合後の監督、主将コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加

[6.28 Fリーグ2014/15第2節 北海道0-3浦安 代々木]

 Fリーグは28日、第1、2節を行い、第4試合ではエスポラーダ北海道バルドラール浦安による第2節が行われた。浦安がキャプテンFP星翔太の2ゴールを挙げる活躍もあり、3-0で勝利した。

以下、試合後の両チーム監督、主将コメント
▽エスポラーダ北海道
小野寺隆彦監督
「攻守に渡ってハードワークをテーマに、今季のチームをつくってきました。DF面では選手のチームとしてやりたいことを選手たちが実行してくれて、前からプレスを掛けるとか。積極的にやり続けるところが、もちろん押し込まれるところもありましたが、総じてDF面は頑張ってくれたんじゃないかなと思います。ただ、イージーなミスですとか、そういうところで失点をしてしまい、ひっくり返すことができなかった。非常に残念です。攻撃が、やっぱりゼロ点では、これじゃあなかなか勝つに勝てないので、今日のところはしっかり頭を切り替えて、明日の湘南戦に切り替えてやっていきたい」

―浦安のイメージは?
「浦安とは一度、オーシャン杯の後に練習試合をやっていました。クアトロという戦術を使ってきながら、ボールが中を通ってくるというよりも、個人でそのときは出て来ていたので、個でしっかり負けないようにすることを私たちは考えていました。ボール運びとか、そのあたりはうちのプレスの方が、よくハマっている手応えも感じています。ただ、ゲームというのは最後の勝負を決めるのは1対1ですので。そういうところで、1点目の星くんの場面など、決して油断していたわけではないと思いますが不意を突かれたり、ミスが流れを悪くしたりして終了間際に失点したりして、ある意味自滅したのかなというのはあります。ただ、攻守にわたって、日本代表クラスがそろっている相手に対しても、自分たちのDFが決して『通用する』というところまでは、まだ完成度は高くないかもしれませんが、かなりの勢いで押し込むことができているのではないかと思いましたので、まぁまぁ頑張れたという点数をあげてもいいのかなと思います」

●FP高山剛寛主将
「今日の開幕戦で、勝って勢いに乗りたかったのですが、それができなくてとても残念です。ただ、いま大事なのは、明日の試合に頭を、気持ちを切り替えて集中することだと思うので。明日はもっともっとアグレッシブなDFで、点数を取れるように、勝てるように頑張っていきたいと思います」

▽バルドラール浦安
●米川正夫監督
「前半は、とりあえず自分たちが練習でやっているクワトロの形に、結構こだわってやっていた中で、相手がマンツーマンで、すごくべたつきで来られて、なかなかうまくいきませんでした。それでも少ないチャンスをモノにして、前半を2-0で折り返せました。後半、そこは勝負にこだわって、勝つためのやり方にこだわったときに、こういう内容で勝つことができました。自分自身、初めての試合だったので、いろんなことがわからない部分もあったのですが、とりあえず初のリーグ戦に勝利できて良かったです」

―仕掛けの多い展開で面白かったが、仕掛けのタイミングについては?
「練習でやっている中で、どこでリスクを掛けるかっていうところの話はしています。昨年がどうだったか、細かいところはちょっと分かりませんが、底辺でもある程度運べる選手がいるときは増やそうと話しているので。見ていて『面白かった』と言ってもらえるなら、それは良かったと思います」

●FP星翔太主将
「今日の試合は、相手のミスもあったりして勝てた部分もあるので、もう少し明日は、疲れもあると思いますが、しっかりと走って、自分たちらしさを体現したいと思います」
(取材・文 河合拓)

送料無料! Fリーグ2014/2015オフィシャルガイドブック好評発売中!!

TOP