beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

柿谷がゴール裏で南野に叱責込めたエール「こんな大事な試合に退場するアホもいますけど…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[7.15 J1第12節 C大阪1-2川崎F 金鳥スタ]

 スイス・スーパーリーグのバーゼルへ完全移籍することが決まったセレッソ大阪のMF柿谷曜一朗。15日に行われた川崎F戦が、C大阪の一員としてプレーする最後の試合になった。前半は1-0でリードしたC大阪だったが、後半に2失点を喫すると、さらにMF南野拓実が一発退場となる。その後、柿谷がピッチに立ったが、数的不利の中で川崎Fにボールを回され、反撃はできなかった。

 試合後、場内を一周してサポーターに別れの挨拶をした柿谷は、C大阪のゴール裏へ行き、サポーターたちに挨拶をした。「絶対に帰って来いよ!!」などと、声を掛けられる中で、柿谷は差し出されたメガホンを返し、地声で言葉を伝えた。

「もっと喋りたいことがあったんですけど、あれ以上喋っていたら、情けないことばっかり言うのがイヤやったんで」と話す柿谷は「でも、ほんまにみなさんより、誰よりもC大阪を愛していますし、みなさんのこともほんまに愛しています。最高のチームメイトと最高のサポーターに出会えたことは、本当に僕にとって誇りです。向こうに行っても、みんなはしっかりC大阪を応援してください。僕もしっかりC大阪を応援します」と、今後もC大阪を見続けることを誓った。

 そして、自身のいなくなる穴を埋める存在として、南野に大きな期待を寄せている。この試合、南野は先発し、積極的に川崎Fゴールに迫った。しかし、後半33分に球際で相手と競り合い、もつれた際に一発退場となった。「今日、こんな大事なときに、退場するアホもいますけど…」と、切り出した柿谷は、「でも、あいつがこのチームを今から強くしてくれると思いますし、みんなが期待してあげてください。あいつは期待に応えられる選手なので。ほんまに今日はありがとうございました」と、ユースの後輩への大きな期待を続けた。

TOP