beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[総体]2年生MF梅田V弾!高川学園が成立学園撃破!

このエントリーをはてなブックマークに追加

[8.2 全国高校総体1回戦 高川学園高 1-0 成立学園高 韮崎中央公園陸上競技場]

 3年ぶりに出場した高川学園高(山口)が成立学園高(東京2)に1-0で勝ち、2回戦へ進出した。

 成立学園は立ち上がりに注目レフティー、MF上田悠起(3年)が中盤で仕掛けてミドルシュート。エースがゴールへの強い意志を示した成立学園は、その後得意のポゼッションと右SB吉田将也(3年)の攻撃参加などからゴール前のシーンを増やしていく。14分には右クロスにMF上村諒斗主将(3年)が飛び込んだほか、上田が前を向いて仕掛けるなど高川学園ゴールを狙っていった。

 ただ、高川学園は石田皓大主将と杉原拓真(ともに3年)の両CB中心に守備が安定。成立学園は高川学園の素早いプレスの前に中盤で潰されるなどなかなかリズムを掴むことができない。逆に高川学園はMF村上拓人(3年)や1年生FW伊石祐也がスペースへ飛び出し、左クロスに右MF寺本健一(2年)が飛び込むなど攻め返した。

 そして28分、高川学園がスコアを動かす。伊石のパスで抜け出した10番MF梅田魁人(2年)が右足ループシュートを決めて先制。成立学園は後半に上田がシュート3本を放つなど反撃したが、逆に効果的な攻撃を見せる高川学園の前に沈黙してしまう。高川学園はシュートがポストを連続して叩くなど2点目を奪うことはできなかったが、最後まで得点を許さず初戦突破。2回戦では鹿児島実高(鹿児島)と戦う。


▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2014

TOP