beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグEAST]勝負どころ逃さず「一個ギアを上げた」市立船橋MF古屋が同点弾

このエントリーをはてなブックマークに追加

[9.20 高円宮杯プレミアリーグEAST第14節 市立船橋高 1-1 流通経済大柏高 グラスポ]

 市立船橋高の朝岡隆蔵監督が「働き蜂的にいろいろなことを求められて、特長じゃない部分もチームのためにやってくれている」と評価するMF古屋誠志郎とMF矢村健の2人の2年生インサイドハーフ。献身的な動きでチームのために貢献している2人のうち、この日は古屋が貴重な同点ゴールを決めてチームに勝ち点1をもたらした。

 0-1の後半14分、直前にMF小林瑞知とMF高橋陵の2人を同時投入していた市立船橋はCB藤井拓主将から斜めのロングパスが小林に入る。これをコントロールした小林が独力でPAまで持ち込み、シュートを放つと、こぼれ球を古屋がゴールへ押し込んだ。「スピードある選手とか、縦に速い選手が入ってきたので、『ここチャンスかな』と思って一個ギアを上げて行きました」という古屋の一撃。展開を読んでゴール前で勝負した2年生MFの価値あるゴールだった。

 本来は足元でボールを受けてプレーすることが得意なオフェンシブハーフ。だが、陰でチームを支えるために1ボランチの脇のスペースを埋める動きや前線への飛び出しなど目立たないところで運動量を増やしている。この日は0-3で敗れた前節・鹿島ユース戦から学んだことをピッチで表現。「自分とか矢村が、足元で受けることしか考えていなかった。(1トップの)FW(磯野)が抜けるタイプの選手じゃないので、自分と矢村がどんどん抜けていかないといけないという反省が出た。きょうは練習していた2列目からの飛び出しを意識して、CBやSBが持った時に連係して相手のCBの裏を取りに行こうということを意識をしていました。裏に出る回数とかタイミングとかも分かってきて、練習の成果は出ていたと思います」。前半からCBの背後へ飛び出す動きで相手を背走させるなど、効果的な働きを見せていたが、ゴールも奪ってチームの勝ち点1獲得に貢献した。

「相手はアウェーなんですけど観客も(控え)選手も多く来ていた。監督にも『こういう環境でできることを楽しめ』と言われていたんですけど、いつもと同じ意識でプレーできた」と古屋。ライバル対決で冷静に90分間を戦い抜いた。この日、市立船橋は1、2年生6人が先発したが、「3年生に頼ってばかりじゃなくて、自分たちから発進して主張していけば、3年生も受け入れてくれると思うんで、出ている以上、責任もってプレーしたいです」と3年生ばかりに頼ることなくプレーしていく意思を持っている。

 市立船橋はライバル流通経済大柏が昨年プレミアリーグのタイトルを獲ったように、今年、しっかりと残留を果たして、来年以降チャンピオンシップを獲りに行くつもりでいる。古屋は「今年ちゃんと残留して、自分も経験積んで、来年に活かしたいと思います」。現在5位だが、降格圏9位のJFAアカデミー福島U18との勝ち点差は4。油断せずに来年に繋げる戦いをする。

(取材・文 吉田太郎)

TOP