beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

丸岡、次節もメンバー入り クロップも「大きなタレント」と絶賛

このエントリーをはてなブックマークに追加

シュツットガルト戦でも出場なるか

 ドルトムントは24日、ブンデスリーガ第5節でシュツットガルトをホームに迎える。ユルゲン・クロップ監督は前日会見で、MF丸岡満を「大きなタレント」と絶賛し、メンバー入りすることを明かした。

 前節でマインツに0-2と敗れたドルトムントは、2勝2敗で10位につけている。一方、まだ白星を飾っていないシュツットガルトは最下位と低迷中。クロップ監督は会見で、シュツットガルト戦が「楽しい試合にはならない」と予想している。

「シュツットガルトの状況について多くは考えていない。一番関心があるのは、彼らのフォーメーションだよ。前節は初めてダイヤモンド型の中盤を採用していたね。彼らは大きなモチベーションで、巻き返しを試みるだろう」

「見ていて楽しい試合にはならないと思う。ファンは我々の事情を把握しているし、素晴らしい雰囲気をつくってくれるだろう。彼らの後押しを利用し、勢いに乗ることを望んでいる。シュツットガルトがどのようなプレーを見せようと、我々の”ゲーゲンプレッシング”には関係ない。ハードな試合になるね」

 ドルトムントはMFヘンリク・ムヒタリャンがマインツ戦の終了間際に負傷し、4週間の離脱となった。負傷者の状況がさらに深刻となる中、クロップ監督はDFマッツ・フンメルスのメンバー入りを示唆するも、「おそらく先発出場はない」とコメント。そのほかの選手についてはこう続けている。

「イルカイ(・ギュンドアン)は欠場する。急がせたくないんだ。チ・ドンウォンに関してはまだ様子を見る。ネヴェン・スボティッチはチームに戻ってくると思う。U-23からは丸岡とジョセフ・ジャウをまた呼ぶことになるね」

 マインツ戦で80分から出場し、ブンデスリーガデビューを果たした丸岡。クロップ監督は同選手のプレーに満足しているようだ。

「彼にはとても満足しているよ。ものすごく若い、大きなタレントだ。マインツ戦の終盤では、ちょっとした明るい素材となったね。ミツ(丸岡)は、我々が彼をどれほど評価しているか知っていると思う」

「ドイツ語もかなりうまく喋れているし、素晴らしいキャラクターだ。すごくオープンな性格をしている。彼に足りないのは経験だけだよ」

▼関連リンク
欧州組完全ガイド
ブンデスリーガ2014-15特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP