beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[国体少年男子]5年ぶりV!神奈川県16選手、優勝コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加

[10.21 国体少年男子決勝 神奈川県 1-0 群馬県 雲仙市国見総合運動公園多目的芝生広場]

 第69回国民体育大会「長崎がんばらんば国体2014」サッカー競技少年男子は21日、決勝を行い、神奈川県が前半8分にFW渡辺力樹(横浜FMユース、1年)の決めた1点によって1-0で勝利。5年ぶり5回目の全国制覇を果たした。

以下、神奈川県選抜選手コメント
1 GK原田岳(横浜FMユース、1年)
「優勝は最初から目指していた。このチームで勝てると思っていたので驚きはないです。高校生活はまだ長いので次の近い目標へ向かって頑張りたいです」

2 DF常本佳吾(横浜FMユース、1年)
「今大会優勝できたのは、毎週あった県トレの質の高い練習を一人ひとりやっていたからだと思うので、それが響いたと思います。優勝は素直に嬉しい。相手がいてのスポーツだと思うので一回一回負けた相手のことも考えてプレーしました」

3 DF有馬弦希(横浜FMユース、1年)
「最初から優勝を目指していて、優勝できたのはとても嬉しいです。次の大会はJクラブユース。自分も出て優勝したいです」

4 DF石原広教(湘南ユース、1年)
「全試合途中から出て、チームのために走るということをテーマに試合に出て準決勝で点取れて学ぶことができたので、今後に繋げてまた上に行けたらと思います」

5 DF平澤拓巳(横浜FMユース、1年)
「この国民体育大会で優勝できたことを糧に、来年のプリンスやクラブユース、Jユースを3冠達成できるようにこれから努力していきたいです」

6 DF板倉洸(横浜FMユース、1年)
「立ち上がりに点取ってくれて精神的に楽でした。俺たちが失点しなければ勝てるという、そういうイメージで毎試合やっていたので楽でした。(優勝は)通過点。課題みたいなところも出てきたので意識して次につなげていければなと思います」

7 MF田中碧(川崎F U-18、1年)
「嬉しかったです。(退場して)迷惑かけたんで、(みんなが走って)来てくれて本当に嬉しかった。あしたから(みんな)ライバルなんで、戦える時戦って、会える時に会って、2年後どちらがプロになれるかという勝負なのでこれから努力していきたいと思います」

8 MF西川公基(桐光学園高1年)
「ここで学んだことをチームで発揮できるように頑張りたい。学んだことが多かったのでチームでもっと上手くなれるように、日々頑張っていきたいと思います」

9 MF渡辺皓太(東京Vユース、1年)
「とても嬉しいです。また(チームや代表として臨む)次の大会で優勝したいです。また努力して頑張りたいです」

10 MF根本圭輔(横浜FMユース、1年)
「チームではあまり出られなかったんですけど、この悔しさをバネにチームで中心になって頑張っていきたいです。仲間が頑張ってくれたんで、しっかり応援することができて良かったです」

11 FW渡辺力樹(横浜FMユース、1年)
「このチームなら(優勝)できると思っていた。ここ(日本一)を目指して練習してきた。(これからも)高いレベルを目指して練習して、(みんなとは)敵になっちゃうけれどデカい舞台で会えたらいい」

12 GK千田奎斗(横浜FMユース、1年
「凄くいい経験にもなったし、自信にもなったんですけどここが終わりじゃないし、始まりなので。ここからこの経験を糧にしてやっていきたい」

13 MF吉尾海夏(横浜FMユース、1年)
「今大会は個人としては悔しい大会になったんですけど、自チームに戻って今度は中心になって全国制覇できるように頑張ります」

14 MF服部剛大(横浜FCユース、1年)
「きょうもゴール決めて5試合連続ゴールを決めたかったんですけど、チームが勝つことが一番なのでチームが勝てて良かったです。今後はチームで日本一取りたいし、自分が日本を背負って世界で1位になりたいです」

15 MF齊藤未月(湘南ユース、1年)
「ベルマーレの代表として出場して優勝できたことが嬉しい。応援してくれた人、支えてくれた人たちに感謝したい。チームに戻ってもまたいい結果が出せるように努力していきます」

16 DF関海斗(横浜FMユース、1年)
「今大会は出場機会もあまり得られなくて悔しい大会になりましたけれど、この悔しさを今後繋げられるように頑張っていきたいと思います。次は自分のチームで優勝やチームに貢献できるように頑張りたい」

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
第69回国民体育大会「長崎がんばらんば国体2014」特集ページ

TOP