beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

寿人が3戦連発で11年連続2桁得点達成!!ゴール後には“カズダンス”披露

このエントリーをはてなブックマークに追加

[10.26 J1第30節 清水1-3広島 アイスタ]

 サンフレッチェ広島が敵地で清水エスパルスを3-1で下した。勝ち点を45に伸ばした広島は8位に浮上。勝ち点を伸ばせなかった清水は再び降格圏の16位に後退した。

 メモリアルなゴールは真骨頂のようなゴールで決められた。広島は2点リードで迎えた後半20分、MF青山敏弘が大きくサイドチェンジを試みると、右サイドを駆け上がったMF柏好文が追いつく。柏はドリブルで切り込みクロスを入れると、オフサイドトラップを掻い潜ったFW佐藤寿人がファーサイドにスライディングで飛び込む。クロスがGKの手をかすめたため、ややコースが変わったが、体ごと押し込み、勝利を決定づける3点目を奪った。

 寿人は3試合連続ゴール。リーチのかかっていた2桁得点記録、自身の持っていた10年を更新する前人未到の11年連続2桁得点記録を一気に達成した。今季は夏場、サブに甘んじる期間が続くなど、不本意なシーズンとなっていたが、決定力はさすがの一言。広島のレジェンドはゴール後、尊敬するFW三浦知良(横浜FC)の代名詞である「カズダンス」を披露し、喜びを表した。

 メモリアルゴールに負けじと、“相方”もゴールで応戦した。広島は前半28分、DF塩谷司からのロングフィードを佐藤寿人がダイレクトボレーでゴール前に折り返す。これに走り込んだFW石原直樹がワンタッチで押し込み先制点を記録。同38分には佐藤寿人の粘りで奪ったボールをMF山岸智が貰ってゴール前に上げる。これを石原が頭でねじ込み、この日2点目を奪う。2トップの大活躍で広島は敵地で快勝した。

 清水は後半35分、途中出場のFW高木俊幸の左足弾で一矢報いるが、反撃もここまで。逆に終盤は広島のカウンターによる正確な攻撃を耐えるのがやっとだった。前節新潟に勝利し、降格圏を脱していた清水だが、1節で降格圏に逆戻りしてしまった。

▼関連リンク
[J1]第30節 スコア速報

TOP