beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

フランクフルト指揮官&SDが来日、長谷部と乾の視察へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表MF長谷部誠とMF乾貴士の所属するフランクフルトトーマス・シャーフ監督とブルーノ・ヒュブナーSDが来日することが明らかになった。独誌『キッカー』が報じている。2人は14日に豊田スタジアムで行われるホンジュラス戦を視察する。

 同紙によると、シャーフ監督は「2人とも招集を受けてうれしいよ」と長谷部と乾の代表選出を喜ぶと、「乾には楽しむように伝えたよ。シーズン当初より出場機会は減っているのだが、逆にこのタイミングで招集を受ける事となったね」と話したという。

 なお、今回来日する目的は長谷部と乾の視察だけでなく、代理人のトーマス・クロート氏を通じて、日本との関係を強化するためでもあるようだ。指揮官不在の間、チームの練習はアシスタントコーチであるロルフ氏とヘーナーバッハ氏が指揮を執るという。


▼関連リンク
欧州組完全ガイド
ブンデスリーガ2014-15特集

TOP