beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

宮市、アーセナルでの未来はあるか?英紙アンケートで6割が「チャンスなし」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 英紙『メトロ』が、アーセナルから今季エールディビジのトゥエンテにレンタル移籍しているFW宮市亮について「アーセナルでの未来はあるか」というアンケートを行っている。

 宮市は、23日に行われたオランダリーグ2部第26節のデ・フラーフスハップに、トゥエンテのBチームに当たるヨング・トゥエンテの一員として先発出場。後半8分には先制点となる右足ミドルシュートを決め、勝利に大きく貢献した。

 同紙は24日、この試合で活躍した宮市を得点シーンの動画付きで紹介し、「素晴らしいゴールで彼の才能をアーセナルのファンに思い出させた」と評した。さらに記事の最後に「宮市にアーセナルでの未来はあるか」というアンケートを実施。「素晴らしい。このゴールなら(メスト・)エジルだって面を食らう」と「チャンスなし」の2つの選択肢が用意されたが、26日現在では「チャンスなし」が60パーセントと、宮市のアーセナルでの将来をファンは悲観的に見ている。

 今季の宮市は、エールディビジで8試合に出場しているが、昨年12月14日に行われた第16節PSV戦以降は公式戦の出場機会を得られていない。2部リーグのヨング・トゥエンテでは7試合に出場し、2得点を挙げている。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド

TOP