beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[DFB杯]ロイス負傷も…香川先発のドルトムントは3部チーム下し8強入り

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.3 DFBポカール3回戦 D・ドレスデン0-2ドルトムント]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)は3日、3回戦1日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でD・ドレスデン(3部)と対戦し、2-0で勝った。香川はトップ下で先発し、1-0の後半22分までプレー。3部チーム相手に苦しみながらも完封勝利で準々決勝進出を決めた。

 FWピエール・エメリク・オーバメヤン、MFヌリ・サヒンを負傷で欠いたドルトムントにさらなるアクシデントが襲う。前半22分にMFマルコ・ロイスが左膝を負傷。タッチラインの外で治療を受けると、そのままピッチをあとにし、前半25分、FWチーロ・インモービレとの交代を余儀なくされた。

 公式戦5戦連発中と絶好調だったロイスの負傷交代。コンパクトな守備で強固なブロックを敷くドレスデンを攻めあぐねるドルトムントはカウンターからピンチを招くなど、なかなかリズムに乗れない。前半終了間際には競り合いで頭部を打ったインモービレが治療のためピッチを離れ、ハーフタイムまで10人で戦った。

 前半をスコアレスで折り返すと、後半開始からインモービレもプレーに戻ったドルトムント。迎えた後半5分、相手DFのバックパスを奪ったインモービレがそのまま難なく右足でゴールに流し込み、相手のミスを突いて先制に成功した。香川は後半22分にFWアドリアン・ラモスと交代。同32分、ラモスのシュートはポストを叩いたが、後半45分にMFヤクブ・ブラスチコフスキの右クロスからインモービレが右足で流し込み、2-0で4大会連続の8強入りを決めた。


▼関連リンク
欧州組完全ガイド
ブンデスリーガ2014-15特集

TOP