beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

麻也フル出場のサウサンプトンは終盤のマネ弾で4戦ぶり勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.3 プレミアリーグ第28節 サウサンプトン 1-0 クリスタル・パレス]

 プレミアリーグは3日、第28節を行い、日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンクリスタル・パレスと対戦した。3試合未勝利のサウサンプトンは、終了間際にFWサディオ・マネが決勝点を挙げて1-0で勝利。首位のチェルシー戦を前に、勝ち点3を獲得している。

 前半を0-0で折り返すと、後半の立ち上がりにはクリスタル・パレスがチャンスをつくる。MFヤニック・ポラシエのパスを受けたMFジェイソン・パンチョンが左足でゴールを狙ったが、GKフレイザー・フォスターに防がれた。

 後半10分には吉田が突破を許し、ボラシエにシュートを打たれたが、これもGKフォスターがセーブ。そのこぼれ球からFWウィルフレッド・ザハに決定機が訪れたが、シュートは左ポストを叩いた。

 ピンチを凌いだサウサンプトンは、後半25分に右CKから吉田が左足で合わせたが、シュートは枠の左へ。それでも、後半38分にマネがDFをかわして、ボールをMFジェームズ・ワード・プラウスに預ける。プラウズのシュートは、GKに防がれたがこぼれ球をマネが押し込み、先制点を挙げた。

 結局、このゴールが決勝点となり、サウサンプトンが4試合ぶりの勝利を挙げている。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド
プレミアリーグ2014-15特集

TOP