beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[全日本大学選抜]茂平(立命館大)大分U-18の先輩「清武くんはバケモン」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今月20日から22日にかけて、東京都内で合宿を行う全日本大学選抜。7月にはユニバーシアード競技大会が控えており、5月上旬には正式メンバーが発表される予定。今回は最後の“選考会”の意味も持ちます。3月末に行った韓国遠征のメンバーに8名を加えた28名で合宿はスタート。ゲキサカでは全28選手のインタビューを掲載します。

 第6回目は立命館大MF茂平(4年)。大分U-18出身で、当時はトップ昇格も期待された右SHを主戦場するMF。鋭いドリブル突破から見せるシュートやクロスで、立命館大を上位へ、そして全日本大学選抜にもタイトルをもたらす。

―多くの日本代表選手を輩出している大分ユース出身です。
「長崎出身なのですが、高校から大分に行きました。世代的には(トップチームに昇格した)為田(大貴)とか、後藤優介とかと一緒でした。大分に行ったのは、僕は梅崎司くん(現浦和)と小中高と同じ(学年は梅崎が7つ上)で、その関係で大分ユースに入ることが出来たんです。まず衝撃だったのは大分は寮がトップチームもユースも同じで、清武(弘嗣=現ハノーファー)くんを見た時ですね。バケモンかと思いました(笑)。3つ上なのですが、ユースの練習にも遊びに来てくれて。トラップとかも全然違うし……。あれば衝撃でした」

―そこから立命館大に進学しました。
「トップチームにずっと帯同していて、8月くらいには自分もトップチーム上がる予定でいたんです。大学とか何も考えてなかったのですが、いきなりトップ昇格がダメになってしまいました。大学はどこに行こうかってなった時に、ユースの監督が立命館大の出身だったので、行けることになりました。推薦枠がどこの大学ももう埋まっていたあとだったので、立命館しかもう行くところがありませんでした。僕は本当にずっと運で繋がっていると思います」

―いよいよ最終学年。チームでの役割はあるんですか?
「自分は今年はスカウティング担当です。ビデオを見ながら相手の分析をしています。4回生で時間もあるので任せてもらいました。今年から作られた担当なのですが、監督やキャプテンから指名もあったのでやることにしました」

―選抜メンバーに入ることで海外経験も増していると思います。
「2月にスペインでバルセロナとやった時は、相手がBチームだったんですけど、ボール回しとか、チームとしての技術と、個人の技術を生かしながらやれているところが凄いなと。これが世界かと思いました。去年の夏もスペインに行かせてもらったのですが、その時よりも実り多い遠征になりました」

―卒業後の進路も考えないといけませんね。
「プロになるためにチームで結果を残さないといけないと思っています。練習参加の打診も含め、いろいろなチームからお話を頂いているのですが、まずはチームとして結果を残したい。チームとしてここ数年全国大会に行けていないので、全国大会に出たい。スカウティング担当としてしっかり相手の弱点を見つけたいです!」

(取材・文 児玉幸洋)

TOP