beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[総体]統合・再編される伏見工、現校名で全国狙う伝統校が京都4強進出!

このエントリーをはてなブックマークに追加

[5.24 全国高校総体京都府予選準々決勝 山城高 0-2 伏見工高 宝が池]

 平成27年度全国高校総体「2015 君が創る 近畿総体」サッカー競技(兵庫)京都府予選準々決勝の山城高対伏見工高戦が24日に行われ、伏見工がMF木下聖也とFW巌太斗の得点によって、2-0で勝った。伏見工は5月30日の準決勝で久御山高と対戦する。

 10年以来となるベスト8進出。4強に進むことになれば、6年前の選手権予選以来となる。伏見工のイレブンが「いつもは学校のグラウンドで試合をするので、スタンドがあって、お客さんがいるような場所での試合は久しぶりなので、試合前の選手たちは緊張していましたね」(牧戸万佐夫監督)というのも無理はない。

 だが、試合開始から伏見工の選手たちは緊張を微塵にも感じさせないプレー。序盤からスコアを動かして見せる。前半6分、自陣でボールを持ったDF前田凌輝が前線にロングフィードを送り、ゴール前でMF唐崎世名がシュート。GKが弾いたボールを木下がPA右から押し込んで先制点を奪った。一方、山城は13分、右サイドでのスローインからMF腰山竜平がドリブルで中に切り込み、左のスペースへ展開。MF新枦大地が角度のない位置からシュートを狙ったが、伏見工GK南井駿が好セーブでCKに逃れた。前半は1-0で伏見工がリードして終了。牧戸監督が「相手の11番(腰山)が真ん中でボールをおさめられるので、そこを潰そう。また、DFラインも浅いので、オフサイドにならないように飛び出そう」という言葉通りの前半だったと言える。

 後半、伏見工は攻撃のギアを上げて、チャンスを量産。11分、MF吉原佑綺のスルーパスから左を抜けたFW川勝未来が中に折り返し、ゴール前でフリーとなったMF古島蓮が合わせたがシュートは枠の右。19分にも川勝の突破から、木下がドンピシャでヘッドを合わせたがGKの正面に終わった。攻め続けながらも追加点の遠い時間帯が続いたが、22分に左を駆け上がったDF鈴木雄大のクロスをゴール前でFW巌が体勢を崩しながらも右足で合わせて勝負あり。2-0で勝った伏見工がベスト4進出を果たした。

 今年で創立67年目を迎える伏見工は、02年度に全国高校選手権初出場を達成。05年には全国総体でも初出場を勝ち取るなど結果を残してきたが、近年は府大会でベスト16に進むのが関の山。過去には個の力を持った選手が多くいたが、近年は突出した選手がいなければ、中学時代に実績のある選手もいない。藤森中時代に現ジュビロ磐田の10年W杯日本代表MF松井大輔を育てた牧戸監督は「京都を勝ち抜くために、これまでは選手たちに多くのことを望んできたけど、要らないプレッシャーを与えていたせいで、潰してしまっていた」と振り返る。

 今年は例年以上に結果が出ず、新人戦を終えてから4月末の京都府リーグまで30連敗以上を記録。だが、苦しい日々のおかげで、「セカンドボールを拾ったり、当たり負けしないなどやれることをきっちりやろうと意識が高まった」。基本を忠実にこなすスタイルは、総体予選を勝ち抜く力となり、一戦一戦たくましさを増しているという。

 また、学校を取り巻く環境の変化も選手たちの力となった。今年4月、伏見工は近隣にある洛陽工高と統合・再編され、京都工学院高(16年4月開校)となることが決定。来春に入学する生徒は工学院に入学し、伏見工は現1、2年生の生徒のみとなる。17年には最終学年を迎える現在の1年生が工学院に移り、伏見工としての活動は幕を閉じる。だからこそ、選手たちには結果を残して伏見工の名を轟かせたいという思いがある。また、京都工学院でサッカーが存続できるかどうかは不明なため、「しっかり結果を残さないと、新しい学校でのサッカー部存続にも繋がる」(DF村田光一)との思いから、チームは一致団結しているという。「絶対に勝って、全国に行きたい」と村田が意気込むように、彼らには負けられない理由がある。残り2試合。京都予選を勝ち抜き、伏見工の名を全国に知らしめることが出来るか。

[写真]伏見工は村田(左)らDF陣が無失点で切り抜けて2-0勝利

(取材・文 森田将義)
▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2015

TOP