beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[CL]バルサ、4季ぶり5度目のVで3冠達成…スアレスが決勝ゴールを記録

このエントリーをはてなブックマークに追加

[6.6 欧州CL決勝 ユベントス 1-3 バルセロナ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は6日、決勝を行い、ユベントス(イタリア)とバルセロナ(スペイン)が対戦して、バルセロナが3-1の勝利を収めた。バルセロナは4季ぶり5度目の欧州王者に輝き、3冠を達成した。

 ともに国内リーグ戦とカップ戦を制しており、3冠が賭かった試合でいきなりスコアを動かしたのはバルセロナだった。前半4分、右サイドのFWリオネル・メッシが送ったサイドチェンジをDFジョルディ・アルバが落とすと、FWネイマール、MFアンドレス・イニエスタとつなぎ、最後はMFイバン・ラキティッチが押し込んで先制に成功した。

 先制を許したユベントスは前半8分に右サイドを駆け上がったFWアルバロ・モラタからボールを受けたMFアルトゥーロ・ビダルが狙うも、シュートは枠を外れた。同13分にはバルセロナが好機を生み出し、PA内に進入したFWルイス・スアレスのラストパスからDFダニエウ・アウベスがシュートを放ったがGKジャンルイジ・ブッフォンに左手1本で弾き出されてしまう。

 その後はバルセロナがボールを保持し、守備に回る時間が長くなったユベントスは時おりカウンターからゴールに迫ったものの、なかなかシュートまで持ち込む場面を作り出せない。一方のバルセロナも前半40分のスアレスのシュートがブッフォンにストップされるなど、追加点は生まれず。前半は1-0とバルセロナがリードしたまま折り返すこととなった。

 後半に入ると、バルセロナが立て続けに好機を創出する。後半3分にはカウンターを発動し、ボールを運んだラキティッチのラストパスからスアレスが右足で狙ったが、ブッフォンに阻まれる。さらに同6分にはメッシがネイマールとスアレスとのパス交換からPA内に進入するも、シュートは枠を捉え切れなかった。

 すると、後半10分にユベントスが同点に追い付く。中盤でボールを奪ったDFステファン・リヒトシュタイナーがMFクラウディオ・マルキージオとのパス交換から右サイドを駆け上がると、ラストパスを受けたFWカルロス・テベスがシュート。ボールはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに弾かれたものの、こぼれ球をフリーのモラタが蹴り込んで試合を振り出しに戻した。

 一気に逆転を狙うユベントスが攻勢を強め、後半17分にはテベス、同19分にはMFポール・ポグバがミドルシュートを狙ったがネットを揺らすには至らず。すると、同23分にバルセロナが再びリードを奪う。カウンターからメッシがシュートまで持ち込むと、ブッフォンが弾いたボールに反応したスアレスが押し込んでスコアを2-1とした。さらに後半26分にはJ・アルバのクロスからネイマールがネットを揺らしたものの、これはハンドの判定に取り消されてしまう。

 その後、ユベントスの反撃をしのいだバルセロナは後半アディショナルタイムにネイマールがダメ押しゴール。3-1の勝利を収めたバルセロナが、4季ぶり5度目の欧州王者に輝いた。


●欧州CL14-15特集

TOP