beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[CL]亜土夢がアシストも、ヘルシンキは後半ATの失点で敗退…ハーフナーはフル出場

このエントリーをはてなブックマークに追加
[8.5 欧州CL予選3回戦・第2戦 ヘルシンキ3-4アスタナ]

  UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)予選3回戦・第2戦が5日に各地で行われた。FWハーフナー・マイクとMF田中亜土夢の所属するヘルシンキ(フィンランド)は敵地でアスタナ(カザフスタン)と対戦。2-0とリードを奪ったのも束の間、終了間際のアディショナルタイム3分の失点で3-4で敗れると、2戦合計3-4で敗退を喫した。

 0-0に終わった第1戦と同じく、この日もハーフナーと田中がともに先発した。前半4分、田中のスルーパスからFWオスマン・ジャロウのゴールで先制に成功。同42分にはDFギデオン・バーのゴールで2-0に突き放した。しかし、2分後の前半44分に失点。2-1で前半を折り返す。

 すると後半開始2分にPKを献上。これをMFロヘル・カニャスに決められ、2-2に追いつかれた。さらに同11分にはDFドミトリ・ショムコに逆転弾を許し、2-3に離された。

 それでも後半25分にはアスタナのMFパトリック・トゥマシが一発退場。1点を追うヘルシンキは数的有利に立った。すると。後半41分にはPKを獲得。これをMFエルファン・ゼネリが決め、3-3に追いついた。

 このまま逃げ切ればアウェーゴール差で勝利のヘルシンキ。後半45分に2枚目の交代カードを切ると、田中に代えてDFタピオ・ヘイッキラをピッチへ送った。

 しかし、まさかの展開が待っていた。後半終了間際のアディショナルタイム3分、DFイェフゲニー・ポストニコフに3-4にするゴールを許してしまう。そのまま試合は終了。ハーフナーがフル出場したものの、ヘルシンキは痛恨の逆転負けで3回戦敗退を喫している。

●欧州組完全ガイド
●欧州CL15-16特集



TOP