beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[大学選手権]阪南大FW前田、得点王獲得も決勝無念の不発「一からやり直す」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.19 大学選手権決勝 阪南大0-4関西学院大 駒場]

 大会通算6得点。FW前田央樹(3年=福岡U-18)が今大会の得点王に輝いた。しかし、阪南大として初めて戦った決勝戦は無念の不発。ハットトリックを決めた同級生FW出岡大輝(3年=G大阪ユース)の追撃を何とかかわす形での得点王獲得となった。

 試合後、背番号13は「絶対に点を取って優勝したかった。リズムに乗れなくて、逆にリズムに乗せてしまった」と肩を落とした。

 今大会は初戦となった2回戦から準決勝までの3戦で、いずれも2ゴールを記録。一躍全国に名を轟かせた。決勝は関西決戦。今季3度の対戦では勝利は挙げられていないものの、前田はすべての試合で得点を記録。苦手意識はなく、むしろ自信を持って試合に入っていた。

 しかし放ったシュート5本はゴールネットまで届かない。「いい形でシュートを打つというところまでも行けていない。練習して極めていきたい。今大会で点を取る重要性は再確認できた。もっともっと重要視していかないといけないなと思った」。悔しさだけが残る一戦になってしまった。

 最終学年となる来季は、Jリーグ入りも見据えた大事な1年になる。ガンバ大阪に入団する関西学院大FW呉屋大翔(4年=流通経済大柏高)やセレッソ大阪に入団する大阪体育大FW澤上竜二(4年=飛龍高)が卒業する関西大学サッカー界だが、前田をはじめ、この日ハットトリックを決めた出岡や、今夏のユニバーシアード代表にも選ばれた桃山学院大FW岡佳樹(3年=東山高)など、楽しみなストライカーは多い。

「来年も得点王を獲るという気持ちが強い。そのためにもしっかり一からやり直していきたい。そして今度は僕らが4冠できるようなチームになりたい。呉屋の31点?それは超えたいです。ライバルというか目標にしている選手なので、超えていきたいです」

 前田の口から出た力強い言葉。来季、関西大学サッカー界を引っ張る強い意志を感じた。

(取材・文 児玉幸洋)
●第64回全日本大学選手権特集

TOP