beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

U-23代表MF大島が叩き込んだ「イメージ以上」の衝撃与える一撃

このエントリーをはてなブックマークに追加

[1.19 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選GL第3節 U-23サウジアラビア 1-2 U-23日本 スハイム・ビン・ハマド・スタジアム]

 あまりにも鮮やかな流れから衝撃の一撃を叩き込む。スコアレスのまま迎えた前半32分、U-23日本代表MF大島僚太(川崎F)は「イメージ以上」と語るゴールでチームに先制点をもたらした。

 中盤でボールを呼び込んだ大島は、「ボールを受けたときにプレスが来ていると思ったけど、右側のコースが空いているのが分かりました」と巧みなボールタッチで寄せてくる相手選手をかわしてフリーになると、「抜けたときに打とうと決めた」とミドルレンジから迷いなく右足を振り抜く。

 凄まじい勢いで飛び出したボールは一直線にゴールに向かうと、横っ飛びしたGKの手に触れることなく、ゴールネットを豪快に揺らした。「あまりシュートまでうまく行っていなかったし、スペースが大きく空いていたので、深く考えずにリラックスして打つことができました。コースも良かったと思います」とスーパーゴールを自画自賛した。

 チームは2-1の勝利を収め、グループリーグ3連勝で首位通過を決めた。22日に準々決勝で対戦するイラン戦に向けて、中東勢と試合をできたことに「次のイメージがしやすいと思います」と語ると、「3勝できたのはすごく大きいです」と充実した表情を見せる。先発メンバーを固定しない中で3連勝を飾ったことで、チームにはさらに勢いが生まれるだろう。

 チームを率いる手倉森誠監督は試合後、衝撃の一撃を、そして大島の働きを手放しで称賛する。「存在感を見せてくれましたね。スーパーゴール。彼が復調することで、もたらしてくれる影響は絶大です」。初戦の北朝鮮戦では不完全燃焼に終わったプレーメーカーが輝きを取り戻した。

(取材・文 折戸岳彦)

●AFC U-23選手権2016特集

TOP