beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

1G1Aと躍動のU-23代表MF矢島「監督を胴上げして優勝を実感できた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[1.30 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選決勝 U-23韓国 2-3 U-23日本 アブドゥッラー・ビン・ハリーファ・スタジアム]

 ただ、「優勝したい」と思っていた。大会前から、その言葉をU-23日本代表MF矢島慎也(岡山)は何度も口にしていた。決勝の韓国戦では2点のビハインドを背負う苦しい展開となったが、ここから背番号21がチームに勢いをもたらした。

 後半22分、右サイドでボールを受けた矢島は「(浅野)拓磨や(中島)翔哉、久保(裕也)が裏に抜ける回数が多かったので、そこを見逃すと自分の良さはなくなる」と裏に抜け出そうとする浅野へ、極上のスルーパスを通す。このボールを浅野がワンタッチで流し込んで、1点差に詰め寄った。

 そして、直後の同23分には自ら大仕事をやってのける。「前半から韓国はクロスに対する守備にバラつきがあったし、自分がゴール前に入ったときもマークにつかれていなかったので、良いボールが来れば決められると思っていた」。その言葉どおり、左サイドのDF山中亮輔(柏)から送られたクロスに対し、ゴール前にフリーで走り込んだ矢島は豪快にヘディングでネットを揺らして値千金の同点ゴールを記録した。

 ゴールを奪った瞬間、雄叫びを上げてチームメイトと喜びを分かち合う。感情を爆発させたのも、「やっぱり優勝したい気持ちがあった」からだ。「劣勢の中から1点を返して、さらに自分が決められた。ここから勝ちに行くしかないという感情がでました」。

 自身は後半30分にピッチを後にしたが、同36分に浅野が決勝ゴールを叩き込み、あまりにも鮮やかな大逆転勝利を収めた。「あそこから返せたのは、なかなかできないことだと思う。内容が良いのが一番ですが、内容が悪い中でも勝ち切れる、勝ち癖みたいなものが付いてきたのかもしてません」と胸を張って答えると、「(手倉森誠)監督を胴上げしたときに、優勝したんだなと実感できました。本当にうれしかった」と有言実行となるアジア王者に満面の笑みを浮かべた。

(取材・文 折戸岳彦)

●AFC U-23選手権2016特集

TOP