beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

繰り返された悲劇…カメルーン代表26歳が試合中の心臓発作で急死

このエントリーをはてなブックマークに追加

 試合中の悲劇がまたも繰り返された。『BBC』や『マルカ』など各国メディアが伝えている。

 悲劇があったのは6日に行われたルーマニア1部のFCビトルル・コンスタンツァ対ディナモ・ブカレスト戦でのこと。ビトルルに所属するカメルーン代表MFパトリック・エケングは後半18分から途中出場すると、わずか7分後の同25分に相手選手と接触することなくその場に倒れ込んだのだ。直ちに蘇生が試みられ、病院に搬送されたが、帰らぬ人となった。心臓発作とみられる。26歳だった。

 パトリック・エケングは母国でプロキャリアをスタートさせると、その後はフランスやスペインなどでプレー。14-15年シーズンはコルドバに在籍し、日本代表FWハーフナー・マイクとチームメートだった。U-20カメルーン代表として、2009年のU-20W杯に出場。昨年、A代表デビューを果たしたばかりだった。
 
 パトリック・エケングの急死に伴い、カメルーンサッカー協会は公式サイトで哀悼の意を表し、対戦相手だったディナモ・ブカレストや古巣のコルドバもツイッターなどでコメントを寄せている。

 繰り返された悲劇。カメルーン代表選手では2003年6月のコンフェデレーションズ杯準決勝でMFマルク・ビビアン・フォエが心臓発作で倒れて急死。スペインでは2007年にスペイン代表歴を持つMFアントニオ・プエルタが試合中の心不全で22歳の若さで亡くなった。試合中ではないが、MF中村俊輔が2009年当時所属していたエスパニョールで主将を務めていたダニエル・ハルケが滞在先のイタリアのホテルで急死している。

TOP