beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

トロント1巡目指名の遠藤翼、ジョビンコのパスからプロ初ゴール!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アメリカ・MLSのトロントFCに所属するMF遠藤翼(22)がプロ初ゴールを決めた。

 トロントFCは7日、ホームにダラスを迎えた。今季5度目の先発を果たした遠藤は前半28分、カウンターからFWセバスティアン・ジョビンコの浮き球パスをPA内で受け、左足でゴールに流し込み、先制点。これが決勝となり、チームを2試合ぶりの勝利に導いた。

 JFAアカデミー福島出身の遠藤はメリーランド州立大に進学し、今年1月に開催されたMLSのスーパードラフトでトロントに1巡目指名された。開幕から3試合連続で先発のチャンスを得た遠藤だが、その後は4試合出場がなかった。しかし、1日のポートランド・ティンバースで再び先発のチャンスを得ると、この日、出場5試合目で記念すべきプロ初ゴールを奪取。殊勲の遠藤は後半アディショナルタイムにピッチを後にした。

●欧州組完全ガイド

TOP