beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

室屋JデビューのFC東京が悪夢払拭! 森重の決勝ヘッドで甲府下す

このエントリーをはてなブックマークに追加
[7.9 J1第2ステージ第2節 FC東京1-0甲府 味スタ]

 FC東京ヴァンフォーレ甲府に1-0で勝利し、第2ステージ初白星をおさめた。また、前節・鳥栖戦でのアディショナルタイムに逆転される悪夢を払拭した。

 試合は開始早々に動く。前半6分、FC東京はJ1デビューを果たしたリオデジャネイロ五輪代表のDF室屋成が縦に仕掛けて右CKを獲得すると、MF河野広貴がGKが出られない場所に早い弾道のボールを送る。これをマークを外して飛び込んだDF森重真人がヘディングシュートで決め、先制点。同32分には、MF米本拓司の浮き球パスで裏を取った室屋が右足シュートを放つもゴール右に外れた。

 甲府はDF新井涼平が約2か月ぶりに復帰したが、MFビリー・セレスキーがトレーニング中に負傷。FWチュカもメンバー外となり、オール日本人でこの試合に臨んだ。後半13分、MF稲垣祥が素早いプレッシャーで敵陣でボールを奪い、リターンを受けてPA左から中央に折り返す。これをMF田中佑昌が右足でダイレクトシュートも枠を大きく外し、チャンスを逃した。

 終盤に向けて攻勢を強めた甲府は後半43分に絶好のチャンスが訪れる。DF渡邉将基が右サイドから上げたクロスを稲垣がヘディングシュート。決まったかに思われたがクロスバーに嫌われ、跳ね返りを稲垣がつないでFW森晃太が押し込もうとしたが、GK秋元陽太にクリアされ、千載一遇のチャンスを逃し、第1ステージから4連敗となった。

●[J1]第2ステージ第2節 スコア速報

TOP