beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグWEST]主力2人を欠いた東福岡が「大きな価値」のある1勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

[9.3 高円宮杯プレミアリーグWEST G大阪ユース 0-2 東福岡高 G大阪グラウンド]

 高校年代最高峰のリーグ戦、高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグWESTは3日と4日に第11節を行った。ガンバ大阪グラウンドでは5位・ガンバ大阪ユース(大阪)と3位の東福岡高(福岡)が激突。上位対決は東福岡が2-0で勝った。

 宮本恒靖監督が「今節はいつもの4バックではなく、サイドからプレッシャーをかけるために3バックで挑みました。前半は、なるべく高い位置でボールを奪おうという戦い方が機能していたと思います」と語ったように、3バックでスタートしたG大阪が思惑通りに前半を無失点で終える。

 一方、東福岡はMF藤川虎太朗、MF高江麗央というJ注目のキーマン2人が不在の中でのゲーム。だが、主導権を握り、MF田尻京太郎やMF福田湧矢のシュートで攻めた東福岡が後半17分にスコアを動かす。敵陣で奪われたボールをすぐに奪い返すと、最後はゴール前にこぼれたボールをFW藤井一輝が左足で決めて先制した。

 東福岡は2分後にも田尻からのパスを受けた交代出場FW佐藤凌我が加点。G大阪は終盤にシステムを変えて反撃したが、最後まで1点を奪うことができずに0-2で敗れた。3連敗となったG大阪のFW食野亮太郎は「前半はうまくいったと思うのですが、ボールを奪った後にラインを押し上げる動きが少なく、攻撃の質が上がりませんでした。失点した後に訪れた決定機を生かすことができなかったのも悔やまれます」と反省。一方、2試合連続無失点で試合を終えた東福岡のDF児玉慎太郎は「終盤は攻め込まれる時間帯が続いたのですが、集中を切らさず、前節のヴィッセル神戸U-18戦同様、無失点で抑えられました。守備面で少し自信が持てるようになった試合だと思います」と手応えを口にしていた。

 そして、森重潤也監督が「今節はコンディション不良で主力2人を欠く中での試合でした。試合前に『代わりに入った選手のプレーがよければ、これからも試合で使っていく』と話しており、苦しい状況で勝てたことに大きな価値があります」と語ったように、東福岡にとってはこれまでサブ組だった2年生MF青木真生都や田尻らの奮闘によって、層の厚さを示すゲームに。逆転Vへ、首位・広島ユースを勝ち点5差で追う。
▼関連リンク
2016プレミアリーグWEST

TOP