beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

英紙「吉田麻也はウォルコットと同じ速さ」 7不思議として報じられる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF吉田麻也がFWセオ・ウォルコットと同じ最高速度を記録

 英『デイリー・ミラー』が今季プレミアリーグの快足選手ランキングのトップ10を紹介し、サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也が、アーセナルFWセオ・ウォルコットと並んで8位にランクインした。1位は吉田と同僚のサウサンプトンFWシェーン・ロングとなった。

 同紙ではプレミアの選手たちが今季ここまで記録した最高速度の上位10名を発表。また、今回のデータに関して意外だった7つのトピックスも掲載し、その中で吉田がスピードスターとして知られるウォルコットと同じ最高時速を記録したことを大きく取り上げている。ランキングを伝えた記事自体のタイトルも「吉田麻也はウォルコットと同じ速さ」とされており、現地でも驚きの事実だったようだ。

 以下、プレミアの最高時速上位10選手

1. シェーン・ロング(サウサンプトン):35.31 km/h
2. リンデン・グーチ(サンダーランド):35.19 km/h
3. カイル・ウォーカー(トッテナム):35.18 km/h
4. ジェイミー・バーディ (レスター・シティ):35.10 km/h
5. アンドレ・グレイ(バーンリー):34.87 km/h
6. エリック・バイリー(マンチェスター・U):34.84 km/h
7. ウィルフレッド・ザハ(クリスタル・パレス):34.79 km/h
8. セオ・ウォルコット(アーセナル):34.78 km/h
8. 吉田麻也(サウサンプトン):34.78 km/h
10.エクトル・ベジェリン(アーセナル):34.77 km/h

●欧州組完全ガイド
●プレミアリーグ2016-17特集

TOP