beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

C大阪2種登録のFW山田寛人、J3最年少出場記録を16歳7か月15日に更新

このエントリーをはてなブックマークに追加
 Jリーグは25日、FW山田寛人(C大阪U-18)がJ3最年少出場記録を更新したと発表した。

 今季、セレッソ大阪の2種登録選手としてプレーする同選手は、22日にC大阪U-23としてメンバー入りしたJ3第26節のホーム秋田戦(1-2)で後半40に途中出場。今年5月にG大阪U-23でMF山下諒(G大阪ユース)が記録した16歳8か月15日を抜き、J3最年少出場記録を16歳7か月15日に更新した。

以下、J3最年少出場記録トップ5

1.山田寛人(C大23):16歳7か月15日
2.山下諒(G大23):16歳8か月15日
3.品田愛斗(F東23):16歳11か月23日
4.岡庭愁人(F東23):16歳11か月26日
5.足立丈英(G大23):17歳14日

TOP