beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

遠藤100ゴールに呉屋がJ1初ゴール!!G大阪がホームで快勝

このエントリーをはてなブックマークに追加
[10.29 J1第2ステージ第16節 G大阪3-1新潟 吹田S]

 ガンバ大阪は29日、ホームでアルビレックス新潟と対戦し、3-1で勝利した。MF遠藤保仁がJ1通算100得点のメモリアルゴールを、大卒ルーキーのFW呉屋大翔がJ1初ゴールを決めている。

 G大阪が今季リーグ戦のホーム最終戦を白星で飾った。前半5分に新潟DF西村竜馬からボールを奪ったFWアデミウソンがドリブルで持ち込みゴールネットを揺らす。同35分にはCKからFWラファエル・シルバに同点弾を許したが、後半に入ると、5分にラファエル・シルバが退場。G大阪は数的優位で試合を進めることになった。

 そして後半15分、遠藤がエリア内に浮き球パスを出すと、DF舞行龍ジェームズのハンドを誘発。これで獲得したPKを遠藤自らが決めて、勝ち越しに成功した。なおこの得点で遠藤はJ1通算100得点を記録。史上13人目の記録となったが、MFでは藤田俊哉氏に続く2人目の記録達成となった。

 また後半アディショナルタイムに新潟はMFレオ・シルバも退場。さらに数的優位を作ると、後半アディショナルタイム8分、左サイドから上げたDF藤春廣輝のクロスからゴール前の混戦を作ると、途中出場のFW呉屋大翔が押し込み、勝利を決定づける。関学大から今季加入した呉屋にとっては、これがうれしいJ1初ゴールになった。


●[J1]第2ステージ第16節 スコア速報

TOP