beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プリンスリーグ四国]愛媛U-18が3発首位キープ、逆転V狙う明徳義塾、徳島市立も勝利:第16節

このエントリーをはてなブックマークに追加
高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プリンスリーグ四国

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プリンスリーグ四国は26日、第16節を行った。

 首位の愛媛FC U-18(愛媛)はFW木田寿輝斗の先制ゴールなどによって香川西高(香川)に3-0で快勝。勝ち点2差の2位・明徳義塾高(高知)はDF濱口俊介の決勝点によって高知西高(高知)に1-0で勝った。3連覇を狙う3位・徳島市立高(徳島)も徳島ヴォルティスユース(徳島)に4-2で撃ち勝ち、首位との勝ち点3差をキープしている。

【第16節】(11月26日)
[Pikaraスタジアム]
香川西高 0-3 愛媛FC U-18
[愛]木田寿輝斗(7分)、松岡昂哉(9分)、清水敬士(64分)

[伊予市しおさい公園 競技場]
松山工高 2-1 済美高
[松]芳之内啓2(37、54分)
[済]福本龍那(58分)

[Pikaraスタジアム]
大手前高松高 0-0 高松商高

[伊予市しおさい公園 競技場]
高知西高 0-1 明徳義塾高
[明]濱口俊介(45分+1)

[徳島市立高校]
徳島市立高 4-2 徳島ヴォルティスユース
[市]水田智(37分)、原田隼佑(39分)、小延将大(82分)、郡紘平(90分+1)
[ユ]藤原志龍(19分)、桒原呂偉(76分)
▼関連リンク
2016プリンスリーグ四国

TOP