beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ボランチ高徳が初アシスト!!今季初勝利のHSV、高徳のキャプテン就任後は3戦無敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダメ押しゴールもアシストし、今季初勝利に貢献したDF酒井高徳

[12.4 ブンデスリーガ第13節 ダルムシュタット0-2ハンブルガーSV]

 ブンデスリーガは4日、第13節3日目を行い、DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVは敵地でダルムシュタットと対戦し、2-0で勝った。酒井はダブルボランチの一角でフル出場し、後半45分のダメ押しゴールをアシスト。今季13戦目で待望の初勝利を挙げ、酒井のキャプテン就任後は3戦負けなし(1勝2分)となった。

 開幕から12試合を終えて4分8敗と未勝利のハンブルガーSVだが、ここ2試合はいずれもドロー。初勝利への手応えを徐々に深めつつ、ダルムシュタットのホームに乗り込んだ。

 ハンブルガーSVは前半30分、左CKのセカンドボールを酒井が拾い、左サイドで細かくパスをつないでMFフィリップ・コスティッチが低い弾道のクロス。これをFWミハエル・グレゴリチュがダイビングヘッドで押し込み、先制点を奪った。

 1点リードで折り返した後半もダルムシュタットの反撃に対し、粘り強く試合を進めたハンブルガーSV。後半45分には右サイドでボールを受けた酒井がドリブルで左に流れ、PA内左のスペースにラストパスを通すと、MFマティアス・オストルツォレクが左足でゴールネットを揺らし、2-0と試合を決定づけた。

 前節・ブレーメン戦(2-2)でも2得点に絡む活躍を見せた酒井が今季初アシストを記録。新境地のボランチで攻守にわたる活躍を見せ、チームを今季初勝利に導いた。1勝4分8敗の勝ち点7で17位と、順位も一つ上げたハンブルガーSV。酒井のキャプテン就任後は3戦無敗(1勝2分)と、明らかに流れが変わってきている。

●欧州組完全ガイド
●ブンデスリーガ2016-17特集

TOP