beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグ参入戦]1年でのプレミア復帰へ!札幌U-18が四国王者・明徳義塾撃破!

このエントリーをはてなブックマークに追加

後半4分、北海道コンサドーレ札幌U-18はFW野上誠(左端)が勝ち越しゴール

[12.16 高円宮杯プレミアリーグ参入戦1回戦 明徳義塾高 1-3 札幌U-18 呉市総合スポーツセンター多目的G]

 17年のプレミアリーグ参入を懸けた高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグ参入戦の1回戦8試合が16日、広島県内で行われた。プリンスリーグ四国優勝の明徳義塾高(高知)とプリンスリーグ北海道王者・北海道コンサドーレ札幌U-18との一戦は、札幌が3-1で勝利。札幌は18日の2回戦(参入決定戦)で米子北高(中国1、鳥取)と戦う。

 1年でのプレミア復帰へ王手を懸けた。昨年、プレミアリーグEASTで9位に終わり、初の降格。札幌の川口卓哉監督は「年のはじめの最初のミーティングで、そこへ向けてやっていこうとチーム目標を立てたので。今回も北海道のサッカー関係者の方にたくさん激励を頂きました。(プレミアリーグを戦うことは)北海道の子供たちにとってもプラスのこと」とこの1年間、プレミア復帰を目標に掲げてきたことを説明する。

 その札幌は開始3分、コンビネーションで抜け出したFW下田友也がGKと1対1に。だが、こぼれ球を狙った一撃を含めて連続シュートはいずれも明徳GK六倉葵が止めてスコアは動かない。

 ぬかるんだピッチで行われたゲームはこの後、互いに前へ仕掛け合う展開に。その中でわずかに勢いの上回っていた明徳義塾が敵陣で攻撃する時間を増やす。そして15分にFW大田陸が強烈な右足ミドルを枠へ飛ばし、28分には右クロスにFW佐々木敦河が反応した。

 だが、川口監督が「北海道プリンスで自分たちが主導権握って進める時間が長かったんですけど、(参入戦の)この2試合は違うぞということで準備してきた」というように、主導権を握れない展開になっても札幌が慌てることはなかった。そして徐々にゲームをコントロールしていくと、迎えた前半アディショナルタイム、右サイドからの崩しでPAへ潜り込んだMF福田心之助がファウルで倒されてPKを獲得する。これを来季札幌のトップチームへ昇格するFW菅大輝が左足で蹴り込んで先制した。

 前半ラストプレーでリードを奪われた明徳義塾だが、後半開始直後の3分、同点に追いつく。MF江口隆史の右CKのこぼれ球を右SB吉田晃が押し込んで1-1。だが、小松晃監督が「締めないといけないと言っても忘れてしまっている。もっと攻める時、守る時の駆け引きをしなければいけない」と指摘した明徳義塾は追いつきながらもその直後、不用意に攻めに行った隙を突かれて失点してしまう。札幌は後半開始から投入されていたFW野上誠が相手DFラインのギャップを的確に突いて勝ち越しゴールを奪った。

 札幌はさらに12分、左CKの流れから菅の折り返しをトップチーム昇格のCB濱大耀主将が豪快に頭で叩き込んで3-1。明徳義塾も13分にDFを振り切った大田が決定的な左足シュートを放ち、14分にはDFのマークを外したFW竹内優太の右足シュートが左ポストを叩いた。後半だけで13本のシュートを放つなど明徳義塾は積極的な仕掛け、シュートを放つことで札幌に対抗。だが、札幌は濱が抜け出しかけた相手選手を一発のタックルで止めたほか、CB小園悠馬が後方のスペースをカバーし続けた。また中盤の選手たちが運動量を落とさずに攻守でボールに絡むなど流れを渡さない。一方の明徳義塾は終了間際に決定的がポストに阻まれるなどの不運もあって追撃できず。参入戦勝利のために5日前から北海道を離れて準備してきたという札幌がプレミア復帰へまずは第一関門を突破した。

 札幌の選手たちはプレミア復帰へ全力を尽くす構え。特に昨年、プレミアリーグから降格させてしまったという思いを抱いている3年生たちの思いは強い。濱は「今年、北海道のリーグで1年間やってきたんですけど、もっと上のリーグでやった方が伸びる選手ばかりなのでそこは来年上げてあげたいという思いが強いです。3年生として責任もって戦いたい」と語り、菅は「去年プリンスに落としてしまって。今年上げて後輩たちにいい経験をさせて上げられるように、次の試合は死ぬ気でやりたいと思っています」と誓った。11年のプレミアリーグEAST初代王者である札幌。北海道の期待を背負って戦うクラブがあと1勝を果たして、プレミアリーグの舞台へ舞い戻る。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグ

TOP