beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バーディ退場のレスター、未勝利アウェー戦で0-2から追いつき勝ち点1掴み取る

このエントリーをはてなブックマークに追加

一発レッドで退場となってしまったFWジェイミー・バーディ

[12.17 プレミアリーグ第17節 ストーク・シティ2-2レスター・シティ]

 プレミアリーグは17日に第17節1日目を行った。FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは敵地でストーク・シティと対戦し、2-2で引き分けた。4試合連続でベンチスタートとなった岡崎は、ベンチ外だった10月15日のチェルシー戦以来の出場なしに終わった。

 今季開幕からアウェー戦で未勝利(1分7敗)が続いているレスター。13日の前節ボーンマス戦からメンバーを2人変更し、11月に右手骨折の手術を受けたGKカスパー・シュマイケル、累積警告による出場停止処分が明けたDFダニー・シンプソンが先発復帰を果たした。

 立ち上がりから押し込んだのはストーク。前半5分、MFジョー・アレンがPA左から折り返したボールをニアでFWジョン・ウォルターズが左足で合わせるもGKシュマイケルがセーブ。さらに同24分、5試合ぶりの先発となったFWボージャン・クルキッチがPA中央から右足を振り抜くも相手DFのブロックに遭い、先制点とはならなかった。

 対するレスターは前半27分にFWジェイミー・バーディ、直後にCKの流れからDFロベルト・フートがヘディングシュートを放つなど、徐々に相手ゴールに迫るシーンを増やしていった。だが、同28分にバーディがFWマメ・ビラム・ディウフに両足で足の裏を見せたスライディングを食らわせてしまい、一発退場。試合はここから荒れた展開となった。

 数的不利の中、ストークの攻撃を耐える時間が続くレスターは、無失点で前半を終えたかったが、同38分にボージャンが上げたクロスがシンプソンの手に当たってしまい、PKを献上。これをボージャンに決められ、先制点を許した。その後、球際で激しくいったが、ことごとく主審に止められ、レスターはPKを献上したシンプソンを含めて前半だけで5枚のイエローカードを受けた。

 余裕の試合運びをみせるストークは前半アディショナルタイム3分、右サイドのPA手前でFKを獲得すると、DFグレン・ジョンソンが横に蹴り、後方から走り込んだMFジャネリ・インビュラが左足シュート。ニアを狙ったシュートは右ポストを叩いたが、跳ね返りがGKシュマイケルの背中に当たり、中央にこぼれたボールをアレンが左足で押し込み、2-0で前半を終えた。

 ハーフタイムでロッカールームに引き上げる際に温厚なクラウディオ・ラニエリ監督が主審に激しく詰め寄るシーンがみられたレスターは、後半3分にもフートにイエローカード。GKシュマイケルの好セーブで耐え凌ぐが、なかなか攻撃の形を作ることができない。だが、同27分にFWレオナルド・ウジョアとMFデマライ・グレイの2枚替えを敢行すると、その采配が奏功する。

 後半29分、右サイドのスペースに出されたパスをグレイが受けると、ライン際からクロスを上げる。これをファーサイドのウジョアが頭で合わせ、1-2。1点差に詰め寄ると、同43分にロングスローから右サイドにいた左SBクリスティアン・フクスのクロスをMFダニエル・アマーティがヘディングで押し込み、1人少ないレスターが同点に追いついた。試合はそのまま2-2で終了。1枚のレッドカード、8枚のイエローカードが乱れ飛んだ難しい一戦でレスターは勝ち点1を掴み取った。


●プレミアリーグ2016-17特集
●欧州組完全ガイド

TOP