beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J1断り“育成定評”の群馬へ…大学得点王・高井「一番欲しがってくれた」、出場機会も重視

このエントリーをはてなブックマークに追加

群馬への入団が決まった日体大MF高井和馬

 今季の関東大学リーグ1部の得点王、日本体育大のMF高井和馬のJ2ザスパクサツ群馬への入団が発表になった。群馬は同日、関西学院大のFW出岡大輝の獲得も発表。東西得点王のW獲りに成功した。

 J1クラブも獲得に乗り出していた逸材の決断は、J2群馬への入団だった。練習参加する中で迷いも出たが、最終的には日体大の鈴木政一監督の「一番欲しがってくれるところに行け」というアドバイスを頼りに、群馬入りを決めた。

 出場機会も重要視したと話す。群馬は一昨年、大学選手権(インカレ)で得点王を獲得した流通経済大FW江坂任(現大宮)を獲得。昨年も明治大から加入したMF瀬川祐輔(→大宮)、駒澤大から加入したMF中村駿(→山形)といった大卒ルーキーを育て上げた実績がある。

 高井も「最初は試合に出れるところに行って、2年目でJ1に行きたいという考えがある」ときっぱりと宣言。「注目されると思うし、サポーターの期待も大きいと思う。しっかり目に見える結果を出して、プレー面でもこいつ違うなというのを見せていきたい」と力強く話した。

(取材・文 児玉幸洋)

TOP