beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

原口、今季初ゴール!開始59秒決勝弾!!ヘルタは虎の子の1点守り抜き17年初勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF原口元気が今季初ゴールとなる開始59秒弾を決めた

[2.4 ブンデスリーガ第19節 ヘルタ・ベルリン1-0インゴルシュタット]

 ブンデス・リーガは4日、第19節を行った。日本代表MF原口元気の所属するヘルタ・ベルリンはホームでインゴルシュタットと対戦し、1-0で勝利した。原口の今季初ゴールが決勝点になった。ヘルタは連敗を2で止め、17年初勝利を挙げている。

 4試合ぶり、17年に入って初めてスタメン出場した原口が、文字通りいきなり結果を出した。開始59秒、左サイドをドリブルで持ち上がったFWサロモン・カルーの折り返しに対し、逆サイドから走り込んだ原口がダイレクトで流し込んだ。

 原口のゴールは昨年3月19日、相手は同じ本拠地でのインゴルシュタット戦以来。今季初ゴールは今季のブンデスリーガの最速弾となった。

 原口はその後も攻守に献身的な動きを見せる。右サイドで積極的にボールに絡み、リズムを作っていく。ヘルタは前半に追加点を挙げることはできなかったが、前半は60%近いボール保持率でゲームを優位に進めていった。

 後半に入るとインゴルショタットにやや押し込まれる場面もあったヘルタだが、そこはGKルネ・ヤーステインを中心とした集中した守りで凌いでいく。そして少ないチャンスながら原口もゴール前に顔を出すと、後半35分にはヘディングシュートを見せる。枠をとらえることはなかったが、存在をアピールした。

 原口はフル出場。ヘルタは原口が開始59秒で挙げた虎の子の1点を守り抜き、3試合ぶりの勝利。上位争いに踏みとどまった。


●欧州組完全ガイド
●ブンデスリーガ2016-17特集

TOP