beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[デンチャレ]関東B・北信越はPK戦の末に北海道・東北を撃破!GK田中雄大がPKストップの仕事果たす

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームキャプテンを務めた関東B・北信越のDF毛利(左)と競り合う北海道・東北のDF川上盛司(仙台大3年=鹿島ユース)

[2.17 第31回デンソーカップチャレンジサッカー刈谷大会 関東B・北信越0-0(PK4-1)北海道・東北選抜 刈谷]

 第31回デンソーカップチャレンジサッカー刈谷大会が17日に開幕し、関東選抜Bは北海道・東北選抜と対戦した。90分で決着は着かずに迎えたPK戦の末、関東Bが0-0(PK4-1)で勝利している。GK田中雄大(桐蔭横浜大3年=青森山田高)がPKストップの活躍で初戦突破へ導いた。

 雨中の一戦はスコアが動かない。関東B・北信越はDF小笠原佳祐(筑波大2年=東福岡高)の正確なフィードからチャンスメイクし、前線でFW瀧本高志(日本体育大2年=履正社高)とMF中原輝(駒澤大2年=ルーテル学院高)らが身体を張ったが、得点にはつなげず。

 対する北海道・東北選抜も10番でキャプテンのMF山田満夫(仙台大3年=松本)が積極的な守備で中盤を支えた。押し込まれるシーンもあったがルーキーCB按田頼(札幌大1年=札幌U-18)ら守備陣を中心に耐える。互いにゴールは遠く、0-0で前半の45分間を終える。

 後半に入り、互いにまず1点を目指すなか、後半26分には関東B・北信越に決定機。PA内右へ抜けたMF戸嶋祥郎(筑波大3年=市立浦和高)がワントラップからシュートを放つ。周囲の敵も味方もオフサイドと判断し、動きを止めたところを見逃さずに右足を振りぬいた。しかし惜しくもポスト右を叩き、渇いた音が響く。その後もMF高橋宏季(東洋大2年=FC東京U-18)のパスから途中出場のFW平川元樹(日本体育大2年=札幌U-18)が裏へ抜けたが合わず。0-0で時間は進む。

 関東B・北信越が主導権を握った後半35分には、DF楠本卓海(東京国際大3年=大成高)が右サイドへ展開。高橋の右クロスにゴール正面のMF手塚朋克(慶應義塾大3年=静岡学園高)が頭で合わせたがDFにクリアされた。0-0のまま90分は終了した。

 迎えたPK戦。先攻の関東B・北信越は中原がしっかり決める。対する北海道・東北は山田が痛恨のミス。勢いよく右足を振り抜いたが強い弾道のシュートはクロスバーを叩いた。互いに2人目は成功させての3人目。関東B・北信越は小笠原が難なく決めるも、北海道・東北のルーキーMF小川達也(北海道教育大岩見沢校1年=履正社高)のシュートはGK田中が冷静にストップした。

 この時点でPK3-1となり、迎えた4人目。決めれば勝利決定となる先攻の関東A・北信越は、ゲームキャプテンのDF毛利駿也(順天堂大3年=山梨学院大附高)が冷静に決めた。これにより、関東B・北信越が0-0(PK4-1)で勝利。初戦を白星で飾ることに成功した。

 あす18日の2回戦では勝利した関東B・北信越は全日本大学選抜と、敗れた北海道・東北選抜は九州選抜と戦う。


(取材・文 片岡涼)
●第31回デンソーカップチャレンジ刈谷大会特集

TOP