beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

C・ロナウド&ベイル不在で生き生き!? レアル、ベンゼマ2発&ハメス弾でエイバルに快勝…乾は途中出場

このエントリーをはてなブックマークに追加

2得点1アシストのレアル・マドリーFWカリム・ベンゼマ

[3.4 リーガ・エスパニョーラ第26節 エイバル1-4R・マドリー]

 リーガ・エスパニョーラ第26節2日目が4日に開催され、MF乾貴士が所属するエイバルレアル・マドリーが対戦。前半だけで3点をリードしたレアルが後半にも1点を加点すると、エイバルの反撃を1点に抑えて4-1の勝利を収めた。3試合ぶりにベンチスタートとなった乾は後半41分にピッチに送り込まれたが得点には絡めなかった。

 FWクリスティアーノ・ロナウドを体調不良、MFガレス・ベイルを出場停止で欠くだけでなく、7日のCLナポリ戦を見据えてMFトニ・クロース、DFマルセロらがベンチスタートとなったレアルだが、前半14分に先制に成功する。左サイドからMFマルコ・アセンシオが送ったグラウンダーのクロスを、ファーサイドのFWカリム・ベンゼマが合わせたシュートはGKジョエル・ロドリゲスに弾かれたものの、こぼれ球をベンゼマ自らが蹴り込んでスコアを1-0とした。

 攻撃の手を緩めないレアルは前半25分、MFハメス・ロドリゲスが蹴り出したFKから、ゴール前でフリーになったベンゼマが右足で押し込み、リードを2点差に広げる。さらに同29分にはMFルカ・モドリッチのパスを右サイドで受けたベンゼマが送ったグラウンダーのクロスを、ニアサイドに走り込んだJ・ロドリゲスが滑り込みながらも左足ダイレクトで合わせて豪快にネットを揺らし、チーム3点目を記録した。

 3-0とレアルがリードしたまま後半を迎えると、後半15分にレアルがカウンターから追加点を奪取。ベンゼマのパスから左サイドを抜け出したアセンシオが逆サイドに展開すると、ボールを受けたJ・ロドリゲスのシュートはポストを叩いたものの、こぼれ球に反応したアセンシオがネットを揺らし、リードを4点差に広げた。

 しかし、後半27分には防戦一方だったエイバルが好機を生み出し、右サイドを突破したMFペドロ・レオンのクロスをMFルベン・ペーニャが体で押し込んで1点を返す。そして、同41分にはP・レオンに代えて乾がピッチへと送り込まれた。だが、その後エイバルに追加点は生まれず、逃げ切ったレアルが4-1で快勝した。


●欧州組完全ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集

TOP