beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

柴崎岳も大爆笑! 同僚の“いたずら”にまんまと引っかかる

このエントリーをはてなブックマークに追加

チームに溶け込み始めた柴崎岳

 スペイン2部テネリフェに移籍したMF柴崎岳が、ピッチ内外で少しずつ新天地に溶け込み始めているようだ。

 柴崎は、1月末の加入後に胃腸炎と不安障害に襲われ、約1か月間にわたってチーム離脱と別メニュー調整を強いられたが、ボールを使った練習に取り組むなど、徐々に調子を取り戻しつつある。また、チームメイトとも良好な関係を築き始めている。

 テネリフェのMFビクトル・ビトロが自身のツイッター(@VitoloCDT)に、柴崎らチームメイトと一緒に映る動画をアップ。写真を撮るとみせかけてポーズをとらせたが、数秒後にあることに気づき、一斉に動き出して笑い声を上げた。どうやら、日本でもお笑いコンビのオリエンタルラジオ藤森慎吾らがインスタグラムにアップして話題となった「実は動画でした」という“いたずら”だったようだ。これには、ビトロの隣にいた柴崎も大笑い。チームメイトと一緒に笑い合っていた。

 柴崎はいまだにスペインでの公式戦デビューを果たせておらず、地元紙『エル・ドルサル』では負傷離脱中の他の新戦力二人とともに「頼りにならない」と批判されていた。デビューはまだ先かもしれないが、新たな環境に馴染んできた柴崎が、スペインで驚愕のプレーを披露する日は刻々と近づいている。




●欧州組完全ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集



TOP