beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

欧州遠征最終戦でアシスト記録の右SB常盤悠「世界との差を知ることができた欧州遠征」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本高校選抜のDF常盤悠は最終戦で一つ結果を残して欧州遠征を終えた

 第95回全国高校サッカー選手権の優秀選手中心に構成された日本高校選抜は4月13日から17日まで第55回デュッセルドルフ国際ユース大会(ドイツ)に出場し、3勝1分1敗の成績で5位に入った。

 DF常盤悠(尚志高→新潟医療福祉大)のなかなか出場機会を伸ばすことができずにいたが、5位決定戦では先発フル出場して試合終了間際にアシストを記録。最後に仕事をして欧州遠征を終えた右SBが日本高校選抜の活動で学んだことや今後活かしたいことについて語った。

以下、常盤コメント

●DF常盤悠
―5位決定戦はラストプレーでアシスト。最後の試合で結果を残した。
「ラストだけっすね、自分のいいところを出せたのは。前半から結構上がっていたんですけど、SHとの連係があまりうまく行かなかったので、本当に最後だけだなと思います。

―得意のクロスでアシストした。
「(松本)泰志がファーサイドでフリーだったので正確に出せたと思います。DF側として守備の面でも結構やられていたんで、それを取り戻すためじゃないですけど、攻撃で最後ああいう形で終われたのは良かった」

―フル出場して、結果も残すことができた。
「得点に絡めたことは良かったんですけど、自分は守備側の人間なんで1対1とかやられていた場面が結構あったので、日本に帰ってしっかりと修正して、対人のところでもっと強くならないといけないと思った欧州遠征でした」

―改めて、高校選抜の活動で学んだことについて教えてください。
「あんまり試合には関わることができなかったんですけれども、世界との差を知ることができた欧州遠征だったと思います」

―この経験を今後どう活かしていきたい?
「個人としてもっと強くなって、自分はDFなので、もっとシュートを打たせないところだったり、もっともっと強くなって大学行ってからプロになるまでの過程でもっともっと大きくなっていければいいと思っています」

(取材・文 吉田太郎)
●日本高校選抜欧州遠征特設ページ



TOP